亡くなる前に準備が進められていた1972年作「STONEGROUND WORDS」の真の姿、デラックス・エディションとして発売! 輸入2CDと2LP!

  • OLD ROCK
  • 予約ニュース

2024.02.20

  • LINE

  • メール

60年代から活動するBUDDAH RECORDSを代表するフォーク・シンガーにして繊細なメロディを紡ぎ出すソングライター、メラニーことメラニー・サフカ。2024年1月23日に惜しくも亡くなった彼女が自身のレーベル「NEIGHBORHOD RECRODS」を復活させ、当時2枚組でリリースされたこの名盤のデラックス盤のリイシューを進めていたところでした。1972年、メラニーはプロデューサーであり夫でもあるピーター・シェケリックとともに、これまでで最も野心的なアルバムとなる作品の制作を開始した。本作はもともと女性ロック・アーティストとしては初の2枚組アルバムとなる予定で、さらに71年に彼女が設立したレーベル、「NEIGHBORHOD RECRODS」の初のワールドワイド・リリースになる予定でした。しかしこの年の初めに「Brand New Key」が大ヒット、アルバムの構想を再び練り直し10曲が選ばれ、1LPアルバムとしてリリースされました。しかしメラニー本人はこのアルバムが真の姿をしていない事を当初より語っていました。そして今回完全版としてのリイシュー。伸びやかに歌われる歌声とパーカッションやフルートなど多数のゲスト・ミュージシャンに彩りを吹き込まれたメランコリックな印象も残る名盤です。

 

最新ニュース