70年代ガールズ・ロックバンド、FANNYのライヴの魅力を味わえる1971年と72年の『Beat-Club』出演時ライヴ音源が遂にリリース!

  • OLD ROCK
  • 予約ニュース

2024.04.16

  • LINE

  • メール

ボウイやトッドも魅了されたガールズ4人組バンド、FANNYはスワンプやフォーク・ロックといったルーツサウンドの風味たっぷりに、泥臭くなり過ぎず不良ガールでもなく、ナチュラルなスタンスでもの凄い演奏を聴かせる名バンド。オリジナル・アルバムのリイシューが進み彼女らの音楽を手軽に聴けるようになりましたが、スタジオ録音では封じ込めることのできなかった彼女たちの最大の魅力であるライヴ音源が今回発掘。オリジナル・ビデオテープから取り出したドイツのテレビ番組『Beat-Club』のために収録された1971年と72年の2つの音源をリマスターし収録。


弦を曲げるレスポールの妙技、ドライヴ感のあるメロディアスなベースラインとジャニス・ジョプリン風のヴォーカル、複雑でありながらロッキンなキーボード、ピストンのようなドラミングに獰猛なフィルが加わったこの圧倒的なライヴ音源はメンバーもリリースを渇望していたもので、ビート・クラブの全音源のトランスファーを担当したエンジニアが「今までで最高、ジミヘンよりもすごい」と語ったほどの強烈な音源です。CDはボーナス1曲入り。

 

最新ニュース