帯ライナー付国内盤仕様到着♪ 悲運のビートルズ弟分バッドフィンガー、 英国パワー・ポップを代表するWARNER時代の2作品、74年の5TH『涙の旅路』& 6TH『素敵な君』がそれぞれボーナス追加の拡張版リマスターCDリイシュー!

  • OLD ROCK
  • 新着ニュース
  • 2018.12.26

    • LINE

    • メール


    バッドフィンガー
    涙の旅路(エクスパンデッド・エディション)

    ATOZ / CD / RY181002BF01

    3,240円(税込)

    帯ライナー付国内盤仕様
    解説: 若月眞人

    英国パワー・ポップを代表するWARNER時代の2作品、74年の5TH & 6THがそれぞれボーナス追加の拡張版リマスターCDリイシュー!

    61年にPETE HAMとTOM EVANSを中心にPANTHERSとして結成、その後IVEYSと名前を変えAPPLEからデビューするもレーベルの体制も整わぬまま不発に終わり、バンドは再出発へ。"WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS"の当初のタイトルから再度BADFINGERと名付けられた彼らは、BEATLESの弟分的存在として69年に再デビュー。ギタリストJOEY MOLLANDの参加などを経てAPPLE時代に4作のアルバムを発表、「バングラ・デッシュのコンサート」への全員参加などもあり商業的な成功を一応は手にするものの、マネージャーに恵まれずゴタゴタのままバンドはAPPLEを離れることになります。当初はBEATLESを超える存在として期待をされながらも低空飛行を続けたバンドは、のちにPETEとTOM双方の自殺という最悪の形で幕を閉じ、キャリアを通じて悲しみに暮れ続けた悲運のバンドとしてロック史に名を残すことになりました。

    本作はそんな時期にWARNERに移籍、心機一転発表された74年の第1弾アルバム。前年73年に完成されながらも発売が延びていたAPPLEからの最終作『ASS』(APPLE側からの「クソッタレ」というメッセージとの話も)とのほぼ同時リリースという裏事情的な契約のゴタゴタとは裏腹に、ピークに達していたバンドのクリエイティビティと前作より引き続きのプロデューサーCHRIS THOMASのプロデュース・ワークは、同時期のBEATLSのソロ作品同様にアメリカン・ロック・テイストを湛えたサウンドに結実。結果として商業的には振るわなかったものの、"LONELY YOU"、"SHINE ON"、"LOVE IS EASY"といったソリッドでポップな楽曲群は今やのちのパワー・ポップの一脈のルーツとして評価されています。

    未発表楽曲"LOVE MY LADY"を含むアルバム・セッションからのアウトテイク10曲をボーナス追加。

    BADFINGERバイオグラファーDAN MATOVINAの監修、オリジナル・マスター・テープからのリマスター。レア・フォト、プロデューサーCHRIS THOMASによるクオーツ掲載ライナーノーツ。





    バッドフィンガー
    素敵な君(エクスパンデッド・エディション)

    ATOZ / CD / RY181002BF02

    3,240円(税込)

    帯ライナー付国内盤仕様
    解説: 若月眞人

    英国パワー・ポップを代表するWARNER時代の2作品、74年の5TH & 6THがそれぞれボーナス追加の拡張版リマスターCDリイシュー!

    61年にPETE HAMとTOM EVANSを中心にPANTHERSとして結成、その後IVEYSと名前を変えAPPLEからデビューするもレーベルの体制も整わぬまま不発に終わり、バンドは再出発へ。"WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS"の当初のタイトルから再度BADFINGERと名付けられた彼らは、BEATLESの弟分的存在として69年に再デビュー。ギタリストJOEY MOLLANDの参加などを経てAPPLE時代に4作のアルバムを発表、「バングラ・デッシュのコンサート」への全員参加などもあり商業的な成功を一応は手にするものの、マネージャーに恵まれずゴタゴタのままバンドはAPPLEを離れることになります。当初はBEATLESを超える存在として期待をされながらも低空飛行を続けたバンドは、のちにPETEとTOM双方の自殺という最悪の形で幕を閉じ、キャリアを通じて悲しみに暮れ続けた悲運のバンドとしてロック史に名を残すことになりました。

    前作に引き続きCHRIS THOMASのプロデュースによる74年WARNER移籍第2弾アルバム。バンド/レーベル共にマネージャーとの金銭的確執がほとんどピークに達した時期でもあり、本作の発表後ほどなくして JOEY MOLLANDの脱退、PETE HAMの自殺など大きなトラブルが立て続き、オリジナル・メンバーでは最後のスタジオ・アルバムとなりました。タイトでノリのいいパワー・ポップ名曲"JUST A CHANCE"、カントリー・ライクな"YOU'RE SO FINE"、話題となったサディスティック・ミカ・バンドのミカの朗読で始まる名曲"KNOW ONE KNOWS"などなど、PETE HAM、TOM EVANS、MIKE GIBBINS、JOEY MOLLANDとバンドのソングライター4人全員が作曲に関わりながら、BADFINGERらしいソリッドでクリアなブギーとタイムレスな良質なメロディで BADFINGER版『ABBEY ROAD』とも評されるハードでポップなバンドらしさが存分に引き出された名品です。あなた方がここにいてほしい。。。

    未発表楽曲"QUEEN OF DARKNESS"に加え、アルバムには使われなかったヴォーカル・アウトテイクなどを使用した2018年ニュー・ミックスなど9曲をボーナス追加。

    BADFINGERバイオグラファーDAN MATOVINAの監修、オリジナル・マスター・テープからのリマスター。レア・フォト、プロデューサーCHRIS THOMASによるクオーツ掲載ライナーノーツ。

    • 前の記事へ

      帯ライナー付国内盤仕様CD到着♪ JONATHAN RICHMAN、相変わらず最高な2018年新作『SA』がCDリリース!

      OLD ROCK

      2018.12.26

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      チケットお取り扱い開始♪ 「爆音映画祭2019 特集タイ|イサーン VOL.3」 〜アンカナーン・クンチャイ・パッタナー・バンド feat. JUU & G. JEE ライヴ!〜

      OLD ROCK

      2018.12.21

    • 一覧へ戻る

    最新ニュース