到着♪ オーディオ・ファンにも信頼の厚いステレオサウンドからのHYBRID SACDシリーズにロイ・オービソンのベスト盤『アルティメット・コレクション』が登場!

  • OLD ROCK
  • 新着ニュース

2018.12.26

  • LINE

  • メール

2016年にリリースされたロイ・オービソンのベスト盤が、SACD/CDハイブリッド盤で登場します。

1936年4月に生まれたロイ・オービソンは、アメリカを代表するシンガーとして世界的に知られる存在です。ソロとしての活動ではとりわけ「オンリー・ザ・ロンリー」(1960年)、「おお、プリティ・ウーマン」(1964年)といったシングル・ヒットが有名でしょう。後年はT=ボーン・バーネットやジェフ・リンといった逸材たちをプロデューサーに迎え、新しい世代の音楽にも着手。1980年代後半はロイ・オービソンを筆頭にジョージ・ハリスン、ボブ・ディラン、ジェフ・リン(ELO)、トム・ペティらで結成されたスーパー・バンド「トラヴェリング・ウィルベリーズ」における活動でも健在ぶりを発揮しました。

また、映画の世界ではあのデヴィッド・リンチ監督が「ブルーベルベット」(1986年)や「マルホランド・ドライブ」(2001年)でロイ・オービソンの楽曲を採り上げ、映画の重要シーンに起用し世代を超えた層から注目を集めました。ロイ・オービソンのベスト盤はさまざまヴァージョンが存在しますが、本作はデビュー当時から先に触れたトラヴェリング・ウィルベリーズの代表曲「もう一人じゃない」「 ハンドル・ウィズ・ケア」までを網羅したオール・タイム・ベストです。

今回のSACD/CDハイブリッド盤は、海外に保管されていた最良のデジタルマスターを元にソニー・ミュージックスタジオの鈴木浩二氏がリマスタリングを手掛けています。ロイ・オービソンの活動が俯瞰できるバイオグラフィーの完全翻訳に加え、歌詞対訳、さらにライナーノートでは彼の生み出した音楽が音楽リスナーのみならず、オーディオファンから愛されている背景を明らかにしています。なお、本作は初の日本盤化であると同時に世界初のSACD化となります。

■ディスク形態:SACD/CDハイブリッド盤(SACD層はステレオのみ)
■音匠レーベルコート採用
  • 前の記事へ

    オールデイズ・レコード新作♪ 新感覚のオールディーズ・コンピレーション第3弾、冬編『ゴー!ゴー!レディオ・デイズ ~ウィンター』!

    OLD ROCK

    2018.12.29

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    到着♪ ETERNAL GROOVES新作! ビートルズ3種に、ローリング・ストーンズ、バッファロー・スプリングフィールド、ザ・フー!

    OLD ROCK

    2018.12.26

  • 一覧へ戻る