アナログ到着♪ J. GEILS BANDの71年2ND『THE MORNING AFTER』がMOBILE FIDELITYからナンバリング入り限定盤ハイブリッドSACD仕様で登場!!

  • OLD ROCK
  • 新着ニュース
  • 2019.09.13

    • LINE

    • メール


    J. GEILS BAND
    THE MORNING AFTER (HYBRID SACD)

    MOBILE FIDELITY / SACD / RY190214JG01


    J. GEILS BAND
    THE MORNING AFTER (180G LP)

    MOBILE FIDELITY / LP / RY190214JG02


    71年2NDがMOBILE FIDELITYからナンバリング入り限定盤ハイブリッドSACD仕様/180グラム重量盤LPで登場!!

    ボストン発のいなたいアメリカン・ロックンロール・サウンドと野生的なヴォーカルを武器に、ブルースからR&Bテイストまでを泥臭く織り交ぜ 「アメリカのSTONES」とも呼ばれたJ. GEILS BAND。

    これぞアメリカン・ロックンロールな至高のジャンプ・ナンバー"I DON'T NEED YOU NO MORE"で幕を開ける全10曲、バンドの個性そのものともいえるMAGIC DICKの息もつかせぬショウケースと化したJUKE JOINT JIMMYの"WHAMMER JAMMER"、WOLFのヴォーカリストとしての真価を示すBOBBY WOMACK/VALENTINOSのゴスペル・ヒット"LOOKING FOR A LOVE"やDON COVAYのクラシック・ソウル"THE USUAL PLACE"のロマンティックなカヴァー、ファンキーに揺れる"GONNA FIND ME A NEW LOVE"に、のちGRAM PARSONSが『GP』で取り上げた"CRY ONE MORE TIME"などなど、

    稀代のブルース・ハーピスト'MAGIC DICK' SALWITZの焼け付くようなハーモニカとマシンガン・ヴォーカリストPETER WOLFのブルース・ドライヴンでスモーキーなパフォーマンスに、WOLFと並んでバンドのソングライティングの核でもあるSETH JUSTMANのスロウ・バーンなオルガン、バンド名に冠されながらも地味に支えるJ. GEILSの歌心的ギター・ワークも冴え渡る、汗臭くもロウでピュアなロックンロール感覚とソウルやR&Bに裏打ちされた性急かつルーズなリズム。タイトルやジャケットのオール明け的祭りの後感からも伝わるようにアーリー70Sの終わらない猥雑なパーティ感覚が充満する白熱の名作です。
    • 前の記事へ

      到着♪ BOB DYLAN 75年作『BLOOD ON THE TRACKS』がMOBILE FIDELITYから限定ナンバリング入りULTRADISC ONE-STEP仕様180グラム重量盤45回転2LPボックス・セットで登場!!

      OLD ROCK

      2019.09.13

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      到着♪ 一連のカラー盤リイシューに真打登場!? MODERN LOVERS、 77年ライヴ盤『LIVE』がイエロー・ヴァイナル仕様で180グラム重量盤アナログ・リイシュー!

      OLD ROCK

      2019.09.12

    • 一覧へ戻る

    最新ニュース