到着♪ 今度の立版古はボブ・ディラン! ロックの歴史的一枚『フリーホイーリン』が立版古ペーパージオラマ組み立てキットに登場!!

  • OLD ROCK
  • 新着ニュース

2019.06.10

  • LINE

  • メール


ボブ・ディラン
フリーホイーリン - 立版古ペーパージオラマ組み立てキット

イッツアビューティフルデイ / GOODS / RY190605BD01

745円(税込)

立版古ペーパージオラマ組み立てキット

一枚の絵を切り抜いて組み立てる「元祖日本のペーパージオラマ」シリーズに、ロックの歴史的一枚が登場!!

完成サイズ: W95 x D60 x H95 mm




ジオラマ外側(グリニッチヴィレッジ地図)
Outside Design ( Greenwich Village Map of Freewheelin’ Days )





ミニギフトカード
Mini Gift Card
Card サイズ: W56 x H56 mm





立版古とは
立 版古(たてばんこ)、「たてはんこ」ともいう。江戸時代に錦絵のなかの「おもちゃ絵」のひとつとして広く楽しまれたもの。「立てる版古(錦絵)」という名 の通り、錦絵を切って組立てて楽しむものだが、組み上げた時の想像以上の立体感、パノラマ感の驚き、楽しさはまさに立版古ならでは。多くは歌舞伎の芝居、 舞台をミニチュア化したものであったり、風景、名所、風物などを模写したものなどが多かったようで、かつては千種類以上のものがつくられていたのではない かとも言われている。そんな立版古も何故か20世紀初頭、大正時代あたりを最後にほぼ消えていってしまう。盛んに親しまれていた江戸時代からのものも、現 存するものは非常に少なく、まさに幻の存在となってしまった。

現在ペーパークラフトとして親しまれている優れた立体モデルに比べて、立版 古の面白さは、その「単純さに反しての視覚効果」や「誇張されたパース」といった不思議さ、面白さにあると思われ、基本は舞台の「書き割り」に近い視覚効 果で出来上がっている。また組立てられないままの原紙、原判として残されているもののもつ「パーツ配置、デザイン」などの独特の「グラフィック」を眺める のも立版古の大きな楽しみのひとつ。当時のものを見る機会は限られてしまうが、現在でもコレクター、研究者などの手元に残る貴重な物を、複製組立てして展 覧会、書籍などでわずかに見ることが出来る。



  • 前の記事へ

    新着品も対象!中古品・輸入新品が10%OFF! オンラインショップ・タイムセールで手に入れたい14タイトル -OLD ROCK編-

    OLD ROCK

    2019.06.11

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    到着♪ TEENSVILLEからソフト・ポップ・ファン必聴のオブスキュア・ソフロ・コンピレーション第4弾『LET THE GOOD TIMES IN』がCDリリース!

    OLD ROCK

    2019.06.10

  • 一覧へ戻る