到着♪ トルコの電子音楽パイオニアGOKCEN KAYNATANのさらなる未発表音源『CEHENNEM』が発掘アナログ・リリース!

  • OLD ROCK
  • 新着ニュース
  • 2019.09.10

    • LINE

    • メール


    GOKCEN KAYNATAN
    CEHENNEM

    CACOPHONIC RECORDS / LP / RY190705GK01

    2,484円(税込)

    トルコの電子音楽パイオニアのさらなる未発表音源が発掘アナログ・リリース!

    1950年代後半から若きERKIN KORAYらとともにバンド活動を始め、60年代はロックンロールのギタリストとしてトルコ中の若者を熱狂させたGOKCEN KAYNATAN。2017年にはFINDERS KEEPERSから9曲のロスト・クラシックが日の目を見ていますが、まだあった秘蔵音源がFKの丁寧な探求作業の末にふたたび発掘リリースとなりました。

    72年、ドイツはケルンでの休暇中に最新のEMS SYNTHI AKSを偶然手にする機会に恵まれた彼は、そのポータブル・モジュラー・アナログ・シンセサイザーの複雑さを完全に探求するために6ヶ月に及ぶ研修を受け、その汎用性の全てを修得。74年にドイツで初めてのシンセサイザー・パフォーマンスを披露したのち、トルコへ帰国しています。

    その後、レコード会社を始めとする音楽産業に幻滅しレコードのリリースを拒絶するも、トルコの国営テレビ局TRTの専属作曲家/ワンマン・ハウス・バンドとして働くかたわらEMS SYNTHI AKSを用い自身のスタジオで黙々と実験を継続。いくつかの電子音作品を録りため、舞台やテレビでの使用に供するなどトルコの音楽業界におけるシンセ・テクノロジーの爆発的拡大を先導しました。

    やがて体調の悪さに悩まされることが多くなってきた彼は、のちに脳腫瘍と診断されたものによって引き起こされたその苦しみを個人的にシンセで表現していくようになります。その忠実な記録は40年以上もの間プライヴェートに保管されていましたが、このたび「地獄」「血管腫」「地獄への道」という恐ろしいタイトルとともに我々の元にも届けられることになりました。73年から75年にかけて残された彼のもっとも初期の2作品に、脳の外科手術から回復したのちに製作されたという1作品をコンパイル。

    GOKCEN自身の全面協力を得たオリジナル1/4インチ・スタジオ・テープからのリマスター。
    • 前の記事へ

      到着♪ ALLMAN BROTHERS BAND、伝説の『AT FILLMORE EAST』の2ヶ月前! WEST公演を収めた未発表ライヴ音源『FILLMORE WEST '71』が4CDリリース!

      OLD ROCK

      2019.09.10

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      到着♪ BIG PINK新作! 英モダン・ポップTHE O BAND、メロハー・ライクなROSS、英国スワンプLITTLE BIG HORN、KOKOMO人脈参加のANDY BOWN!

      OLD ROCK

      2019.09.09

    • 一覧へ戻る

    最新ニュース