到着♪ オールデイズレコード新作! キャット・スティーヴンス、 ホイッスリング・ジャック・スミス、ハプニングス、 マスターズ・アプレンティス!

  • OLD ROCK
  • 新着ニュース
  • 2019.09.13

    • LINE

    • メール


    キャット・スティーヴンス
    マシュー・アンド・サン

    オールデイズレコード / CD / RY190815OLD01

    9月15日発売
    1,620円(税込)


    英2位のヒットを記録した表題曲を含む記念すべきデビュー・アルバム!

    本盤『マシュー・アンド・サン』は67年3月リリース。最初の2枚のシングル両面を収録した記念すべきデビュー・アルバムで、英チャート最高7位を記録。「マシュー・アンド・サン」に象徴されるオーケストラル・ポップ風のテイストが全体を支配していて、70年代のナイーヴな自作自演歌手としてのイメージとはかなりかけ離れたものになっている。それでも、ヒットしたトレメローズ版を凌ぐ出来栄えの「ヒア・カムズ・マイ・ベイビー」など、その優れたソングライティングの証となる楽曲も決して少なくなかったことは特筆しておかなければならない。





    ホイッスリング・ジャック・スミス
    アイ・ワズ・カイゼル・ビルズ・バットマン

    オールデイズレコード / CD / RY190815OLD02

    9月15日発売
    1,620円(税込)


    当時日本ではラジオ番組のテーマ曲としても親しまれた大ヒット曲をフィーチャーしたアルバムがついに復刻!

    快活な行進曲風のビートに乗せた口笛の音色で1967年の日本洋楽界にさわやかな風を送り込んだ「I WAS KAISER BILLS BATMAN(口笛天国)」。文化放送発で全国ネットのラジオ番組「オール・ジャパン・ポップ20」では同年6月第2週のチャートで19位に初登場して、7月第4週で見事NO.1。その後、いったん2位に下がるも8月第1週で再びトップの座に返り咲き、計12週間も20位以内にランク・イン。またTBS発の「今週のベスト・テン」でも7月16日付でNO.1に輝いている。加えて翌1968年11月に文化放送がスタートさせた深夜番組「走れ!歌謡曲」(月~土の深夜3時~5時)のオープニング・テーマにこの曲が採用されたことで、長年にわたりこのメロディーが多くの国民に親しまれることになった。





    ハプニングス
    サイクル

    オールデイズレコード / CD / RY190815OLD03

    9月15日発売
    1,620円(税込)


    全米大ヒット「アイ・ガット・リズム」を含むハプニングスの傑作セカンド!

    トーケンズのバックアップを受けてデビューした4人組ヴォーカル・グループ、ハプニングスが67年にリリースした傑作セカンド・アルバムが復刻! 全米3位の大ヒット「アイ・ガット・リズム」をはじめ、若々しいハーモニーと快活なサウンドで人気を博した彼らの魅力を存分に楽しむことができる。見事なアレンジを施したポピュラー・ソングのカヴァーに加えて、トーケンズのメンバーによるオリジナル作品も素晴らしい出来。フォー・グラデュエイツ時代のシングル2曲をボーナス追加!





    マスターズ・アプレンティス
    ザ・マスターズ・アプレンティス

    オールデイズレコード / CD / RY190815OLD04

    9月15日発売
    1,620円(税込)

    <60'S GARAGE ROCKIN' OLDAYS>
    ジミー益子監修 オールデイズ・レコード PRESENTS『60'S ガレージ・ディスク・ガイド』連動リイシュー・シリーズ第26弾
    当時イギリスでも人気を得ていたオーストラリアの60Sガレージ・バンドのファースト・アルバム!

    1960年代のオーストラリアにもエキサイティングなガレージ・バンドがひしめき合っていたことは言うまでもないだろう。イギリス連邦加盟国だけにUKバンドが頻繁に訪れ、ブリティッシュ・ビートの影響をダイレクトに受けたR&Bパンクが続出した。中でも超ワイルドなザ・ミッシング・リンクスは有名だ。当時人気があったのはイギリスでも成功したジ・イージービーツ、ザ・ビージーズ、そしてザ・トワイライツ、ザ・ラヴド・ワンズなどだが、並んで大きな人気を得ていたのがこのザ・マスターズ・アプレンティス。ソリッドなR&Bパンクからオリジナル曲に移行、しかしこれからという時にバンド・リーダー/ソングライターのミック・バウワーは神経衰弱で脱退してしまう。ヴォーカリスト、ジム・キーズと元ミッシング・リンクスのダグ・フォードが中心にバンドを立て直し1972年まで活動を続ける。1971年のイギリス制作のアルバム「MASTER'S APPRENTICES(MASTERS CHOICE)」はハード/プログレ・ファンにも高い人気を誇る。しかし、まずガレージ・ファンに聴いていただきたいのはバウワーがバンドを牽引していたこのファースト・アルバムだ。~解説より
    解説:ジミー益子
    • 前の記事へ

      到着♪ 史上最強のワイルド・ブラック・ロッカー、バンカー・ヒルのクレイジーな4曲を集めた45回転盤『 ザ・ガール・キャント・ダンス』が登場!!

      OLD ROCK

      2019.09.13

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      非売品サンプラーCD特典♪ 長い間、入手困難になっていたデヴィッド・ラズリーの極上のデモ2作が、最新リマスタリング、紙ジャケ仕様で遂に待望のリイシュー!

      OLD ROCK

      2019.09.13

    • 一覧へ戻る

    最新ニュース