到着♪ オージー・ビート・レジェンドEASYBEATSの66年3RD『VOLUME 3』がシルヴァー・ヴァイナル仕様で180グラム重量盤アナログ・リイシュー!

  • OLD ROCK
  • 新着ニュース
  • 2019.10.15

    • LINE

    • メール


    EASYBEATS
    VOLUME 3 (COLORED 180G LP)

    MUSIC ON VINYL / LP / RY190904EB01


    66年3RDがシルヴァー・ヴァイナル仕様で180グラム重量盤アナログ・リイシュー!

    STEVIE WRIGHTとGEORGE YOUNGのソングライター・チームを中心に、イングランド、スコットランド、オランダからの移民子息によってシドニーで結成。BEATLES~SEARCHERS風のポップさとハーモニー、KINKS~BO DIDDLEY風のビートとロックンロールネスを独自のセンスで料理した楽曲で 本場英国勢にも全くひけをとらなかったご存知オージー・ビート・バンド・レジェンドEASYBEATS。

    3月リリースの前作『IT'S 2 EASY』同様にメルボルン・ツアー中に録音されたアルバムで、タイトでロウなギグでの経験がそのまま表われたことで、マージー・ビートからモッド、ガレージ・ロックへの変化を捉えることに成功。のちペイズリー・アンダーグラウンドなオルタナ名バンドTHREE O'CLOCKにもカヴァーされたR&Bフレイヴァー薫るガレージ・クラシック"SORRY"に、スウィートなラヴ・ソング"SAY YOU WANT ME"、クールでキャッチーなハーモニー・ポッパー"YOU SAID THAT"、タフなロッカー"NOT IN LOVE WITH YOU"、ビートリッシュでスマートなポップ・チューン"PROMISED THINGS"に、プロト・サイケを感じる"THE LAST DAY OF MAY"、ハード・ストンピンなダンス・トラック"MY MY MY"などなど、当時世界最高のリズム・ギタリストとも称されるGEORGE YOUNGのガレージ・センス溢れるアタック感が際立ちながら、サイケデリック前夜らしいアグレッシヴで若さ溢れるポップな名品が詰まった快作に仕上がっています。

    渡英前最後のオーストラリア録音作で、バンド渡英後の66年11月のリリース。豪アルバム・チャートで7位を記録。プロデュースも引き続きTED ALBERTが担当しています。
    • 前の記事へ

      到着♪ 英国ロックの一時代を支えたスコティッシュ・フォーク・ロック・デュオGALLAGHER & LYLEの77年未発表ライヴ音源『 LIVE AT DE MONTFORT HALL, LEICESTER, 1977』が発掘CDリリース!

      OLD ROCK

      2019.10.15

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      到着♪ ANIMALSのALAN PRICEの74年作『BETWEEN TODAY AND YESTERDAY』がボーナス・トラックを2曲追加の新規リマスターでCDリイシュー!

      OLD ROCK

      2019.10.15

    • 一覧へ戻る

    最新ニュース