5/18開催 『伊藤銀次 自伝 MY LIFE, POP LIFE』発売記念トークショー&ミニライブ

  • 昭和歌謡
  • ニュース
  • 2018.04.10

    2018.04.10


    『伊藤銀次 自伝 MY LIFE, POP LIFE』
    発売記念トークショー&ミニライブ

    45年に及ぶ音楽キャリアを総括した初の自伝刊行を記念して、スペシャル・イベントを開催!!
    前半のトークショーでは、製作に3年を費やした本書完成までのプロセスや、収録しきれなかったエピソードの数々など、ここでしか聞けない裏話をたっぷり披露します。
    そして後半は伊藤銀次のミニライブ。この日にふさわしい選曲で、弾き語りでのパフォーマンスをご堪能ください。

    ■日時 2018年5月18日(金)
    ■時間 開場 18:30 / 開演 19:00
    ■会場 dues 新宿
    JR新宿駅東口より徒歩2分。東京メトロ新宿三丁目A5出口より徒歩1分。
    〒160-0022 東京都新宿区新宿3-28-4tel : 03-6380-6141

    ■イベント内容 トークショー、ミニライブ、サイン会を開催
    ■出演 伊藤銀次、荒野政寿(聞き手/『伊藤銀次 自伝』編集担当者)

    ■参加方法
    ディスクユニオン対象商品購入可能店舗全店にて対象商品をご購入いただいたお客様に先着でイベント参加券を配布いたします。

    ■対象商品
    ・伊藤銀次 自伝 MY LIFE, POP LIFE
    ・伊藤銀次/POP FILE 1972-2017(DQCL-693)
    ・伊藤銀次/MAGIC TIME(BZCS-1158)
    ・伊藤銀次/デッドリイ・ドライブ【40周年記念デラックス・エディション】(WPCL-12639)
    ・ココナツ・バンク/THE COMPLETE COCONUT BANK

    ■イベント参加券 配布対象店舗
    新宿日本のロック・インディーズ館 (BF)
    昭和歌謡館
    お茶の水駅前店
    神保町店
    下北沢店
    吉祥寺店
    池袋店
    渋谷中古センター
    オンラインショップ


    ■注意事項 :
    ・当日、別途ドリンク代を¥500頂戴いたします。
    ・イベント当日は【イベント参加券】を忘れずにお持ちください。
    ・参加券はなくなり次第終了とさせていただきます。
    ・参加券は1枚につき1回、1名様のみ有効とさせていただきます。参加券は小学生の方から必要になります。
    ・参加券の再発行はいかなる場合においても出来ませんので、ご注意ください。
    ・イベント対象商品は、不良品以外での返品をお断りしております。
    ・会場内にロッカー・クロークはございません。お手荷物は自己管理でお願いします。
    ・当日は公共交通機関でお越しください。会場までの交通費・宿泊費等はお客様のご負担となります。
    ・会場内外で発生した事故・盗難等は主催者・会場・出演者は一切責任を負いません。
    ・会場周辺での徹夜・座り込み集会等は、他のお客様のご迷惑となりますので禁止させていただきます。
    ・やむを得ない事情により予告無くイベント内容の変更・中止する場合もございます。
    ・場内全面禁煙
    ・当店で販売したもの以外の飲食物の持ち込み/ご飲食は禁止です。
    ・係員の指示に従って頂けない場合、入場をお断りする場合もございます。
    ・その他、参加券等に記載してある注意事項も事前にご確認ください。

    ■問い合わせ
    ディスクユニオン営業部
    TEL:03-3511-9931(平日10:00~19:00 土日祝日を除く)
    e-Mail: jpop@diskunion.co.jp



    【伊藤銀次:プロフィール】
    1972年、ごまのはえのギタリストとしてデビュー。大滝詠一にプロデュースを依頼した同バンドはメンバー・チェンジを経てココナツ・バンクに改名、はっぴいえんど解散コンサートにも出演したが、その直後に解散してしまった。その後シュガー・ベイブへの加入・脱退、りりィのバックを務めていたバイバイ・セッション・バンドへの加入を経て、76年には大滝詠一、山下達郎との共演盤『NIAGARA TRIANGLE Vol.1』を発表。続いて77年に『DEADLY DRIVE』でソロ・デビュー、同作はシティ・ポップの名盤として近年再評価されている。

    80年代に入ってからはアレンジャー/サウンド・プロデューサーとして佐野元春、沢田研二、アン・ルイスなど数多くのヒット作に貢献。佐野元春&ザ・ハートランドのギタリストとしても活動する一方、82年には久々のソロ作『BABY BLUE』を発表、これ以降ソロ・アーティストとしての活動を本格化していく。作曲家としてもバラエティ番組『笑っていいとも!』にテーマ曲「ウキウキWatching」を提供。その後、『イカ天』の審査員として脚光を浴びた時期も。

    90年代にはウルフルズをプロデュース、成功へと導いた。しばらく裏方としての活動に専念していたが、2000年代前半からアーティスト活動を本格的に再開。活動45周年を迎えた2017年には、24年振りのソロ・アルバム『MAGIC TIME』と、キャリア集大成ボックス・セット『POP FILE 1972-2017』をリリースした。

    • 前の記事へ

      5/16発売★特典付★セイントフォーが帰ってきた!!! 奇跡の再始動記念キャンペーン開催!!

      昭和歌謡

      2018.05.10

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      ★イベント★4/23(月)伝説のカフェバー原宿ペニーレイン×ディスクユニオン コラボ出張レコード市開催決定!

      昭和歌謡

      2018.04.08

    • 一覧へ戻る