テイキング・ストック -ぼくがどうしても手放せない21世紀の愛聴盤

ピーター・バラカン

ARBANの人気連載が単行本化

  • BOOK
  • 新品在庫取寄せ
  • (5日~3週間後に発送)

1,870円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
駒草出版
国(Country)
JPN
フォーマット
BOOK
規格番号
4909646310
通販番号
1008170696
発売日
2020年08月07日
EAN
9784909646316
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

ラジオDJとして、翻訳家として、また「Live Magic!」のキュレイターとして活躍中のピーター・バラカンさん久しぶりのディスクガイドです。今回のテーマは21世紀の愛聴盤。2000年からの20年間に発売された膨大なアルバムの中から、ジャンルを問わず、厳選されたほんとうに好きな52枚をカラーで紹介します。それぞれのアルバムにはさらにおススメの2枚(合計104枚)も掲載しました。また、さまざまな媒体で紹介されてきた愛聴盤リストをまとめ、707枚の究極のリストも初公開。バラカンさんがこころから薦められるアルバムリストの完成です。
 
●ピーター・バラカン Peter Barakan
1951年ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年、音楽出版社で著作権関係の仕事に就くため来日。80年代にはYMOとそのメンバーの海外コーディネイションを担当。84年から3年半、TBSテレビのミュージック・ヴィデオ番組『ザ・ポッパーズMTV』の司会を務めた。現在はフリーランスのブロードキャスターとして活動し、『ウィークエンド・サンシャイン』(NHK-FM)、『バラカン・ビート』(Inter FM)、『ライフスタイル・ミュージアム』(Tokyo FM)、『ジャパノロジー・プラス』(NHK BS1、NHK World)などの番組を担当している。また、2014年から毎年音楽フェスティヴァル『Peter Barakan’s Live Magic! 』のキュレイターを務め、内外の素晴らしいミュージシャンを紹介している。おもな著書に『ロックの英詞を読む──世界を変える歌』『ピーター・バラカン音楽日記』(集英社インターナショナル)、『ピーター・バラカンのわが青春のサウンドトラック』(光文社知恵の森文庫)、『ラジオのこちら側で』(岩波新書)、「新版 魂(ソウル)のゆくえ」(アルテスパブリッシング)がある。

目次
まえがき
Chapter1 <ディスクガイド>ぼくがどうしても手放せない21世紀の愛聴盤52104(オールカラー)
Chapter2 <アルバムリスト>ぼくの生涯の愛聴盤707
あとがき