ドヴォルザーク: 交響曲第9番、他 (SACD)

FERENC FRICSAY フェレンツ・フリッチャイ

TOWER RECORDS UNIVERSAL VINTAGE SA-CD COLLECTION

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

3,548円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
タワーレコード(CLASSIC)
国(Country)
JPN
フォーマット
SACD
規格番号
PROC-2267
通販番号
CL-1008070911
発売日
2020年01月22日
EAN
4988031369296
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

こちらの商品はタワーレコード様企画商品ですが、限定販売期間が解除されましたので、ディスクユニオンでも新品のご注文を承れます。

フリッチャイの代表的名盤。壮絶な気迫で圧倒される「新世界」他を、
新規で本国アナログ・マスターテープより世界初SA-CD化!
優秀録音。オリジナル・アナログ・マスターテープから本国で新規マスタリング


フリッチャイのDG録音の代表格と言える名演「新世界」と、同じくベルリン・フィルを振った「モルダウ」、そしてバルトークと並び生涯にわたって並々ならぬ熱意で取り上げ続けたコダーイの代表作のひとつ、組曲「ハーリ・ヤーノシュ」を組み合わせた、まさに黄金の組み合わせのアルバムです。1959年録音の「新世界」は、重心の低いベルリン・フィルの底力とフリッチャイによる抜群のテンポ感と切り替えの巧みさを感じる演奏で、この録音に限らず、演奏に込めた壮絶な気迫が感じられます。数多くある録音を押し退けるだけの魅力的な演奏であり、収録から60年経った現在でも第一線に列せられる名盤でしょう。

「モルダウ」は早目のテンポで始まり、十分な余韻を含んだ中間部の解放感と流れるようなテンポが抜群であり、リハーサルの映像にも残っているように非常に緻密な指示とそれに応えるオケの力量により、稀にみる名演となっています。単独で演奏される機会も多く、こちらも多くの録音が残されていますが、この演奏もまた、フリッチャイらしさが感じられる録音と言えるでしょう。さらにコダーイの代表的な管弦楽作品である組曲「ハーリ・ヤーノシュ」はこの曲の決定盤と言っても過言ではなく、1954年に最初の録音を行ってから僅か7年後のこの再録盤はステレオとモノの違いはあるとは言え、より濃密にコダーイの世界を描き切っています。過度な民族性よりはむしろその普遍的な音楽性を重視した音楽作りは、多くのリスナーが納得する演奏に違いありません。また、この録音はフリッチャイが指揮活動を断念する僅か2ヶ月前の収録であり、最後期の録音のひとつであることも灌漑深いと言えます。

当時のDGの録音は骨組みがしっかりした一見武骨とも言える太さがあるものの、高音質化により音像がシャープになり、間接音も豊かになったことで、当時の空気感や熱気も感じる音になっています。名盤度合いが高い重要な録音のため、「新世界」と「モルダウ」は以前ブルーレイ・オーディオでもリリースされていましたが、今回は新規で本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから192kHz/24bitでデジタル化後、最新マスタリングを得て復刻していますので、さらに緻密な音を確認できます。尚、組曲「ハーリ・ヤーノシュ」では録音技術がさらに向上しており、現在聴いても遜色のないほどのクオリティです。

今回の復刻では本国オリジナルのアナログ・マスターテープに遡り、高音質のデジタル化を行いました。今回に限らず最上位のフラットマスターを使用したため、非常に優秀なプレゼンスを得ることができています。質感や各定位が驚くほど明瞭・明確になり、DSD化の恩恵も加わったこれまでにない優秀な音質を再現。この盤では制作するにあたり、本国のオリジナル・アナログ・マスターテープの物理的なメンテナンスと修復を行った上で高品位(192/24)でのデジタル化(PCM)を行い、ベルリンのエミール・ベルリナー・スタジオで、レーベル専任エンジニアがこのシリーズ用に綿密な工程で時間をかけてマスタリング作業を行いました。SA-CD層では、高精細なマスターサウンドをお楽しみいただけます。CD層も最新のデジタル化とマスタリングを施していますので、従来盤の音質とは一線を画しています。このシリーズではオリジナル・ジャケット・デザインを採用し、山崎浩太郎氏による新規の序文解説を掲載しました。(タワーレコード)

【収録内容】
1. アントニン・ドヴォルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 作品95《新世界より》
2. ベドルジーハ・スメタナ:交響詩《モルダウ》
3. ゾルタン・コダーイ:組曲《ハーリ・ヤーノシュ》

【演奏】
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (1,2)、
ベルリン放送交響楽団 (3)
フェレンツ・フリッチャイ(指揮)

【録音】
1959年10月5日、6日(1)、1960年1月23日、24日 (2)、1961年11月2、3日 (3)
ベルリン、イエス・キリスト教会

【原盤】
Deutsche Grammophon

【Remaster】
DSD Remastered by Emil Berliner Studios, 12/ 2019
2019年に本国のオリジナル・アナログ・マスターテープより最新リマスタリング

【Original Recordings】
Recording Producers: Otto Gerdes, Hans Ritter (2), Rolf Peter Schroeder (3)
Balance Engineers: Werner Wolf (1,2), Gerhard Henjes (2)、Gunter Hermanns (3)
Editors: Rolf Peter Schroeder, Hans-Peter Schweigmann (2)

【First LP Release】
138 127 (1,2), 138 828 (3)