ミック・ジャガー - ワイルド・ライフ (クリストファー・アンダーセン著, 岩木貴子/小川公貴訳)

MICK JAGGER ミック・ジャガー

  • BOOK
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,860円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
ヤマハ
国(Country)
JPN
フォーマット
BOOK
規格番号
通販番号
RS130321-09
発売日
2013年03月21日
EAN
9784636892499
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

すべての人々を興奮させ、困惑させ、驚愕させる、生きる伝説ミック・ジャガーの伝記決定版。これが“ミック”だ。

ローリングストーンズの顔である、69歳の現役ロッカー「ミック・ジャガー」。今までに過激な噂が絶えないミックだが、本書では今まで明かされなかった真実が盛りだくさん。2012年7月にアメリカで発売されると、ニューヨークタイムズランキングで音楽書としては異例の3週連続トップ10ランクイン。ローリング・ストーンズという世界最強のロックバンドを作り上げた男のスキャンダル、騒乱、狂気、そして才能の全貌。

「やつはたしかに利口なクソ野郎だよ、それは認める」――キース・リチャーズ

―4000人以上という、ミックの浮気相手に関する新たな事実
―同性のロック界の大スターたちとの関係
―ウィリアム王子やケイト・ミドルトンなど、英国王室との知られざる関係
―バンドメンバーや強欲なグルーピー、熱狂的なファンからアンディ・ウォーホルやジョン・レノン、ジャッキー・オナシス、ビル・クリントンなどとの関係
―滅多に垣間見ることのできない、ビジネスのやり方や、4億を優に超える財産を築き上げた手腕



ミック・ジャガーはジャンピン・ジャック・フラッシュなのだろうか? それとも路上の闘士(ストリート・ファイティング・マン)? 真夜中の徘徊者(ミッドナイト・ランブラー)? あるいは趣味のいい資産家(マン・オブ・ウェルス・アンド・テイスト)? 結論から言えばそのすべてであり、それ以上である。ミック・ジャガーはどんな定義にも当てはまらないオリジナルな存在であり、当代最強のアーティストのひとりだ。尊大で、みえっぱりで、時に皮肉っぽく、いつも人々を魅了してやまない。彼は、半世紀前に我々の首根っこをがっちり掴んだまま――彼と同世代の多くの才能あるミュージシャンたちとは違って――今も放してはくれない。

何十年もの間、ミック・ジャガーは数多くのショッキングな秘密にきっちりと蓋をしてきた――ローリング・ストーンズが五〇周年を迎え、『ニューヨーク・タイムズ』ベストセラー作家でジャーナリストでもあるクリストファー・アンダーセンが、ミック本人と同じくらい無視できない禁じ手なしの本書で、ロック界でもっとも複雑で、謎めいた男の仮面をひきはがす。

本書は、友人や家族、伝説的なミュージシャンたち、業界人、それに妻たちや何十人もの愛人たちへのインタビューにもとづく。すでにひとつの時代の定義となっている男に、新たな光を当て、その正体を日の元に暴き出す。



[目次]
第1章 「やつらにくたばれって言ってやりな」
第2章 成長するグリマーツインズ、ドアを隔てた別世界で
第3章 下品で不潔で無愛想でヘビースモーカーで、総じて不愉快なやつだが、才能はぴかいち
第4章 天使と悪魔
第5章 アンダー・ヒズ・サム
第6章 「黙れよ、キース。バカ言うなよ」
第7章 スティール・フィール、ヴードゥー、それから4000人の女たち
第8章 とどめの一撃「アンジェリーナ、ミックだ。電話してくれ!」
第9章 守銭奴が泣くとき
第10章 ウィリアムとケイトと遊ぶ フランス大統領に嫉妬される ちっぽけなちんぽこの復讐



クリストファー・アンダーセン(CHRISTOPHER ANDERSEN)
『ニューヨーク・タイムズ』ベストセラー作家。ダイアナ妃やケネディ夫妻、クリントン夫妻、マドンナ、ジョン・F・ケネディ・ジュニア、バーブラ・ストライサンド、ウィリアム王子とケイト・ミドルトンなどの伝記を著す。著作は30を超え、25ヵ国語に翻訳されている。

岩木 貴子(いわき・たかこ)
早稲田大学文学部、ダブリン大学文学部卒業。訳書に『フレディ―・マーキュリー 孤独な道化』(ヤマハミュージックメディア)、『スティーヴン・タイラー自伝』(ヤマハミュージックメディア)、『人々の声が響き合うとき:熟議空間と民主主義』(早川書房)、『繊細で生きにくいあなたへ』(講談社)、『ダライ・ラマのビジネス入門』(マガジンハウス)などがある。

小川 公貴(おがわ・きみたか)
麗澤大学外国語学部英語学科卒。訳書に『ジョン・コルトレーン インタヴューズ』(シンコーミュージック・エンタテイメント)、『レスポール大名鑑 写真でたどるギブソン・ギター開発全史 1915~1963』(P-VINE BOOKS)、『レスポール大名鑑 写真でたどるギブソン・ギター開発全史(後編)1968~2009』(P-VINE BOOKS)などがある。