映画監督はサービス業です。

矢口史靖

矢口史靖のヘンテコ映画術

  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

2,300円(本体価格/税別)

※ 5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

カートに入れる

カートに商品が追加されました。

カートを見る

閉じる

ネット書店で購入

ISBN
9784866471006
発売年月
2019年8月
版型
A5
ページ数
240ページ
製本
並製
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

娯楽映画職人・矢口史靖の初めての監督本!

 






映画ナタリーにて紹介されました!
ぴあ(アプリ版)「植草信和 映画は本も面白い」に、矢口史靖監督のインタビューが掲載されました!

軽ぅーく楽しめる矢口流娯楽映画の裏側は、
映画ファンを唸らせる、
画作りへの強烈な愛情と
こだわりがいっぱい!

そして、かなりの特撮好き!

初めての映画体験と、映画監督の道を歩み出したきっかけ、
そして、ぴあフィルムフェスティバル(PFF)にてグランプリを受賞した『雨女』(90)から劇場デビュー作『裸足のピクニック』(93)から8月16日公開予定の最新作『ダンスウィズミー』まで。
監督キャリアを振り返りつつ、そのこだわりを探る超ロングインタビューを敢行。

劇場映画を作る傍ら、デビュー当時から続けている自主映画『ワンピース』シリーズについても言及。
矢口監督の生態を読み解きます。

また、これまでの作品に出演したキャストのコメントを掲載。
盟友・鈴木卓爾と育ての親・PFFのスタッフによる鼎談や、
貴重な特撮研究所・佛田洋氏や音楽家ミッキー吉野氏の寄稿も掲載!

その他、矢口監督が自ら描いた絵コンテの数々や、撮影で使われた特撮用小道具を多数紹介。


聞き手:野村正昭・関口裕子