RIN / 凛

FUMIO YASUDA 安田芙充央

2台ピアノのために書き下ろしたスコアをジャズピアニスト石井彰と録音

  • CD
  • 新品在庫取寄せ
  • (5日~3週間後に発送)

3,000円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 試聴可能
レーベル
プルクワレーベル
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
POUR-1009
通販番号
XAT-1245766789
発売日
2023年01月25日
EAN
4571268783531
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

ヨーロッパと東京を拠点に精力的に活動を続ける安田芙充央(作曲家・ピアニスト)が2台ピアノのために書き下ろしたスコアを、自身とジャズピアニストの石井彰とで録音したアルバム

本作は、ヨーロッパと東京を拠点に精力的に活動を続ける安田芙充央(作曲家・ピアニスト)が2台ピアノのために書き下ろしたスコアを、自身とジャズピアニストの石井彰とで録音したアルバムです。先鋭的でありながらも難解さを退けつつ、深い人間観と暗い浪漫がにじむ安田の作品は、同レーベルのプロデューサー、ステファン・ウインターに「ヤスダは現代作曲家の詩人だ。彼の音世界はやすやすと国境を越えきて、もっと聴きたい、もっと深く聴きたい、という欲求を掻き立てる。 一度、彼の音楽に夢中になると、我々には選択の余地はない。何度も何度も聴かざるを得ないのである」と言わしめ、さらにドイツの主要紙フランクフルターアルゲマイネからも「日本現代音楽の百科事典と称しても過言ではない、ピアノの第一音から始まるその音楽性と緊張感は崩れることがない」と高い評価を受けています。 石井彰は、日本を代表するジャズトランペッター日野皓正のグループに20年間在籍し、グループをまとめ上げてきました。そして、グループを離れた後は、みずからがリーダーとなって数々のセッションを精力的にこなし、優れたジャズピアニストとしての地位を確立したそのテクニックと感性は折紙付きです。


安田芙充央によって緻密に書かれたスコアはファンタスティックなピアニズムに満ちており、「AMESA for Two Pianos」におけるトッカータと歌謡風メロディからなる緻密なスコアリング、「Prayer to Prayer」に見られる2台のピアノのずれがディレイを産み次元を変えるさま。「There is always light」の少しブルージーで自由な2台のピアノ。「Second Movement to Ludwig」でのデフォルメされたベートーヴェンのモティーフ、「Happiness 」のストライド奏法によるスラップスティックな面白さ、Ariaにおけるピアノのカンタービレの美しさなど、聴きどころは満載です。二人の織りなす世界を聴いた後は、まるで一本の上質な映画を見たような不思議な感動にうたれるでしょう。


■作曲・ピアノ:安田芙充央

ピアノ:石井彰

ソングリスト

  • 1.AMESA for Two Pianos
  • 2.Prayer to Prayer
  • 3.Tango for November II
  • 4.There is always light
  • 5.White
  • 6.Song of Nenna
  • 7.Second Movement to Ludwig
  • 8.Fall of Icarus
  • 9.Happiness
  • 10.Molle
  • 11.Aria