ドラマー、ジェイソン・ボドロヴィッチによるデクスター・ゴードン・トリビュート作品が入荷

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2020.02.17

  • LINE

  • メール
JASON BODLOVICH / ジェイソン・ボドロヴィッチ / Blues For Dexter

Blues For Dexter

JASON BODLOVICH ジェイソン・ボドロヴィッチ

MOBY AHAB PRODUCTIONS / IMPORT / CD / 0888295176798 / 1008018051 / 2020年02月17日

  • JAZZ
  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

2,200円(税込)

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

カナダ出身で米西海岸で活動するドラマー(兼ギタリスト)のジェイソン・ボドロヴィッチの2管クインテットによる、デクスター・ゴードン・トリビュート作品(2001年録音、2014年初リリース)が登場!
★デクスター作品(M1,2,4,5,7)と、デクスターが愛奏したスタンダード・ナンバー(M3,6,8)を、フレッシュな2管編成で現代的ハードバップに再構築した作品。

★何と、最晩年の御大レイ・ブラウンが参加しています! ブラウンの(晩年ながら)元気なプレイが聴けるうえ、最後のレイ・ブラウン・トリオのピアニストとなったラリー・フラーも参加し、ボドロヴィッチとともに、御大を支えつつフロント二人をプッシュしています。
デクスター役のスティーブ・フォルフ(ts)は、(デクスターのフォロワーという感じではないものの)ハードバップを完全に消化した切れ味鋭いプレイを聴かせてくれます。また、ジェイ・トーマス(tp)も、ドナルド・バードやフレディ・ハバードといった縁あるハードバッパーの流れをくむ流麗なソロを展開。
これは、ハードバップ・ファンの貴重なコレクターズ・アイテムになるでしょう!

■Personnel:
Jason Bodlovich (ds)
Ray Brown (b)
Larry Fuller (p)
Steve Wolfe (ts)
Jay Thomas (tp,flh)

【各トラックの「本家」デクスター・ゴードンによる録音作品紹介】

1.The Panther!
"The Panther!"  w/Tommy Flanagan(p) (NYC, July 7, 1970 - Prestige)

2. Cheesecake
"Go!"  w/Sonny Clark(p) (NJ, August 27, 1962 - Blue Note)

3. I Was Doing All Right
"Doin' Allright" w/Freddie Hubbard(tp), Horace Parlan(p) (NJ, May 6, 1961 - Blue Note)

4. Cataloinian Nights
"Bouncin' With Dex" w/Tete Montoliu (p) (Denmark, September 14, 1975 - SteepleChase)

5. The Duel
"The Duel" w/Teddy Edwards(ts) (NYC, December 4, 1947 - Onyx->Dial)

6. I Guess I'll Hang My Tears Out To Dry
"Go!" w/Sonny Clark(p) (NJ, August 27, 1962 - Blue Note)

7. Tanya
"One Flight Up" w/Donald Byrd(tp), Kenny Drew(p) (Paris, June 2, 1964 - Blue Note)

8. Blues Up And Down
"Great Encounters" w/Johnny Griffin(ts), George Cables(p) ("Carnegie Hall", NYC, September 23, 1978 - Columbia)

  • 前の記事へ

    実力派サックス奏者ボブ・レイノルズの最新作はハンク・モブレー作品集

    JAZZ

    2020.02.17

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    ジャズ名盤を名写真家の作品でリリースする人気シリーズJAZZ IMAGESから新作が入荷

    JAZZ

    2020.02.17

  • 一覧へ戻る