MUSIC MADE WITH ELECTRONIC PRODUCTS / ミュージック・メイド・ウィズ・エレクトロニック・プロダクツ

YOONKEE KIM ユンキー・キム

アジア発の新しい音楽家達のなかでもずば抜けたユニークさで注目を集める韓国の鬼才、ユンキー・キムの最新作!

  • CD
  • 予約

2,200円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 試聴可能
レーベル
SATURDAY LAB
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
SLCD2
通販番号
1008010685
発売日
2019年12月04日
EAN
4525118084293
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

注目集めるアジア発の新しい音楽家達。そのなかでもずば抜けたユニークさを誇る韓国の鬼才、ユンキー・キムの最新作が遂にリリース! Roland のリズム・マシンからコンパクトラジオ、デジカメの起動音(!)などチープなエレクトロニック・プロダクツのみで制作された、ローファイ&ダビーな DIY エレクトロニック・ミュージック!

韓国はソウルを拠点に活動する奇才、Yoonkee Kim (ユンキー・キム) の最新インストゥルメンタルアルバム “Music Made With Electronic Products” (ミュージック・メイド・ウィズ・エレクトロニック・プロダクツ) が発売!

2004 年に発表された激ゆる宅録ダブ・アルバムの金字塔 "ASIAN ZOMBIE" でその才能が日本に紹介されてから幾年月…… そして、あまりの のんきさに聴く者を大いに和ませた2017 年リリースのアルバム “Entertainment Rambo” 発売から二年…… 韓国はソウルを拠点に活動するアーティスト、Yoonkee Kim ことユンキーのニューアルバムが発売!
本作は、前作のようなギターを主体としたロック・サウンドとは打って変わって、リズムマシンやアナログシンセサイザーを中心に、ラジオやカシオトーン、 DAW のVST シンセ、さらにはデジタルカメラの起動音に至るまで、全て “Electronic Products” のみを用いて制作されたユンキーの電子音楽集なのである!
1987 年に発売されたRoland のリズムマシン、TR-707 が鳴らす太いビートにアシッドなシンセベースが加わり、ユーモラスなメロディを奏でてゆく。音の抜き差しによって曲の表情が変わっていく様に、ユンキーの持っている “DUB 感” を感じ取ることもできるだろう。
“Electronic Products” のみで全て制作された本作だが、不思議なほどに無機質な印象が感じられず、終始人懐こいメロディやユーモラスなビートが次々と飛び出してくる。
このアルバムには曲のタイトルが付けられておらず、またアートワークも非常にシンプルで、匿名性の高いアルバムとなっている。ユンキーのことを知っている人も知らなかった人も、先入観なしでこのアルバムを再生すれば、めくるめくアイディアとユーモアに満ちたユンキー・サウンドを楽しめること請け合いだ。
(SATURDAY LAB / MC ビル風)

■ Yoonkee Kim
1980 年 韓国生まれ。幼少の頃よりピアノを習い、音楽に親しむ。十代の頃パンクやグランジ、ヒップホップに出会ったことをきっかけに音楽制作を始める。
2004 年、イギリス滞在期に制作された激ゆる宅録ダブ・アルバムの金字塔 “Asian Zombie” が日本のウーツーレコーズよりリリースされ、その才能が世に知らしめられることとなる。そして同レーベルより”Old Habits” “Han River 1994~2004” をリリース。2004 年と2006 年の二度にわたり来日公演を行う。
その後活動の拠点を韓国ソウルに移し、精力的に作品のリリースを続ける。また、音楽制作と並行してドローイングなどのアート作品も制作し、ソウル市内のギャラリーで数多くの展示を行う。
2017 年にSATURDAY LAB より CD アルバム “Entertainment Rambo” をリリース。大阪と東京で来日公演を行い、大成功を収める。それ以降もBandcamp を中心に楽曲のリリースを続け、本作がCD アルバムとしては二年ぶりのリリースとなる。

※全曲曲名ナシ。14曲収録。

ソングリスト

  • 1.TRACK1
  • 2.TRACK2
  • 3.TRACK3
  • 4.TRACK4
  • 5.TRACK5
  • 6.TRACK6
  • 7.TRACK7
  • 8.TRACK8
  • 9.TRACK9
  • 10.TRACK10
  • 11.TRACK11
  • 12.TRACK12
  • 13.TRACK13
  • 14.TRACK14