BEST KEPT SECRET

MOONS (ANDRE TRAVASSOS) ムーンズ

ブラジル・ミナスのバンド、ムーンズによる待望のニューアルバム。繊細なメロディとインティメイトなアンサンブルに、1960-80'sのラジオを思わせるポップス黄金期のエッセンスが散りばめられた、バンドの新章を告げる一枚!

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

2,420円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 再入荷
  • 試聴可能
レーベル
THINK! RECORDS
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
THCD609
通販番号
1008491787
発売日
2022年07月20日
EAN
4988044077157
  • LINE

  • メール

商品詳細情報




2016年にリーダーのアンドレ・トラヴァッソスが中心となり、ブラジル・ミナスで結成されたロック・バンドのムーンズ。これまでに3枚のアルバムを発表。ミナスの伝説的音楽ムーヴメント「街角クラブ」はもちろん、ニック・ドレイクなどのUKフォークロック、さらにはジョン・レノンやルー・リード、ヨ・ラ・テンゴなどUSロックの系譜に共鳴する音楽で、ブラジル音楽ファンにとどまらない幅広いリスナーを獲得してきた。そんなムーンズの3年ぶりとなるニューアルバムが本作『Best Kept Secret』だ。

パンデミックによる隔離でバンド活動を休止せざるを得なかったムーンズだが、メンバー全員のワクチン接種が完了した2021年、ベロ・オリゾンチ郊外にある一軒家を借り久々に再会すると、そこで魔法が起こる。新しいアルバムの構想はなかったものの、自然とセッションが始まり、それぞれが自宅で書き溜めていた楽曲を持ち寄ることでまたたく間にアルバムの基礎が固まったのだ。

アルバムのプロデュースはレオナルド・マルケスが担当。録音もレオナルド所有のスタジオ「イーリャ・ド・コルヴォ」で行われた。繊細なメロディと洗練されたアンサンブルによる、穏やかでありながら熱を帯びたムーンズ・サウンドはこれまでの作品と同様。一方、今回はアレンジャーのルッカ・ノアッコを迎え、ヴァイオリンやフルート、クラリネットといった楽器を導入。アンドレ・トラヴァッソスが弾くナイロン弦ギターもこれまでの作品と異なる点で、ボサノヴァなどのブラジル音楽らしいヴァイブスがより顕在化している。

ジェニフェル・ソウザがヴォーカルをとる"Let’s do it all again"など、これまで以上に彼らの幅広い音楽性が垣間見えるのも特徴だ。カーリー・サイモンのスイートネス、ジョアン・ジルベルトを見つめるクラウス・オガーマンの眼差し、シャーデーのエレガンス、さらにはマーヴィン・ゲイ、シンプリー・レッド...。1960-80'sのラジオを思わせるポップス黄金期のエッセンスが、そこかしこに散りばめられている。


Moons :
André Travassos (vocals and guitars), Bernardo Bauer (vocals and bass), Felipe D’Angelo (vocals, keys and synths), Jennifer Souza (vocals and guitar), Pedro Hamdan (vocals and drums) & Rodrigo Leite (vocals and guitar)


photo © Lucca Mezzacappa

ソングリスト

  • 1. The will to change
  • 2. Low key
  • 3. Best kept secret
  • 4. Silver linings
  • 5. Another you
  • 6. Let’s do it all again
  • 7. Confusions of a heart
  • 8. Childlike wisdom
  • 9. Moonglow