Azul

MARIA LUIZA JOBIM マリア・ルイザ・ジョビン

これぞ21世紀のボサノヴァ。アントニオ・カルロス・ジョビンの末娘=マリア・ルイザ・ジョビンの2ndアルバム('23)!

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

2,640円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
THINK! RECORDS
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
THCD640
通販番号
1008749832
発売日
2023年12月13日
EAN
4988044095236
  • LINE

  • メール

商品詳細情報



ボサノヴァ史上最高の作曲家であるアントニオ・カルロス・ジョビンの末娘として知られるマリア・ルイザ・ジョビン。幼少のころからリオとニューヨークを拠点に生活。ジュリアード音楽院やバークリー音楽大学で学ぶなど、ブラジルの音楽エリートともいえるキャリアを歩んできたシンガー・ソングライター、音楽プロデューサーである。一方で存在の大きい父から逃れるためか、キャリア初期はエレクトロニック・ミュージックへと没頭。1stアルバム『Casa Branca』('19)は、そういった当時の指向が強く反映されたアルバムになった。

そこから4年ぶりにリリースされたアルバムが本作『Azul』('23)だ。引き続きエレクトロニクスは使用されているものの、グッとアコースティック楽器の比率を増したのが、何よりの変化と言えるだろう。たゆたうようなグルーヴにマリアの歌声が一体化する冒頭の「O Tempo」に始まり、エレガントなストリングスも印象的な「Medo Bom」、アドリアーナ・カルカニョットもゲスト参加した「Papais」、ジョビンの息子パウロ・ジョビン作曲による人気曲「Samba do Soho」、さらには小野リサがゲスト参加した「涙そうそう」のカバーまで。

エレクトロニック/アコースティック混成のたゆたうようなアンサンブルが、マリアの歌声とシームレスに調和。父が切り開いたブラジル音楽のエッセンスを、現代的に発展させた"21世紀のボサノヴァ"とでも言いたい内容に仕上がっている。

解説:中原仁
歌詞対訳:村上達郎



ソングリスト

  • 1. O Tempo
  • 2. Medo Bom
  • 3. Papais
  • 4. Ostra
  • 5. Boca De Açaí
  • 6. Drama
  • 7. O Culpado É O Cupido
  • 8.
  • 9. Samba Do Soho
  • 10. 涙そうそう