【入荷】 11/2(土) より最新のブラジル新譜を発売!

  • LATIN / BRAZIL
  • 新着ニュース
  • 2019.11.01

    • LINE

    • メール
    **** 【入荷】11/2(土) より最新のブラジル新譜を発売開始! ****

    新宿ラテンブラジル館やお茶の水JazzTOKYOなどディスクユニオンのブラジル新譜取扱店舗にて販売いたします。
    一部商品は11/1からの発売となります。
    * 最寄りの店舗での受け取りも可能です→ 店舗受取サービス

    まずは自身の最新作がロング・セールスを続けているレオナルド・マルケスによるプロデュース! ロックバンド、マグロレのヴォーカリストであるテアゴ・オリヴェイラのソロ・デビュー作が入荷。ヴィンテージ機材による柔らかい楽器の音色に、ほどよく枯れたテアゴの歌声。チン・ベルナルデスやムーンズのファンはもちろん、ボブ・ディランやニール・ヤングあたりのファンにも推薦したい一枚。

    そして溢れ出す才能がとどまることを知らないアンドレ・メマーリの新作は、クラッシック寄りのCD2枚組。ある種映画音楽的でもある濃厚でメランコリックな響きから、バロック調、そして現代的な響きまでオーケストラを自在に扱っており、さすがメマーリと言わざるを得ない。ソリストにガブリエル・ミラバッシ(クラリネット)。
    トニーニョ・オルタの盟友であり、今年来日を果たしたヂアナ・オルタ・ポポフの実父、ミナス音楽シーンに欠かせない名ベーシスト/作編曲家のユリ・ポポフがパリで録音した最新作も到着。 ショーロの枠をセンス良く超えていくインスト・カルテット「クアトロ・ア・ゼロ」の5作目はエルメート・パスコアルも参加! そしてエルザ・ソアレス姐さんの最新作は、レチエレス・レイチ、ヴィルギニア・ホドリゲスなど参加で前作からさらに進んだ感が。とはいえやはり唯一無二のエルザの声あっての本作といえるでしょう。

    本格派アフロ・ブラジレイロ系グループ、GRUPO OFA がジルやガル、マリーザ・モンチ、ダニエラ・メルクリ、ジョルジ・ベンといった名だたるアーティストをゲストに迎えて制作したアルバムもお勧め。ジャケ、ケースに至るまでセンスがいい。エレクトロニック・ミュージックとボサノヴァを融和させるボサクカノヴァの新譜はボサノヴァとブルースがテーマ! 洒落っ気のあるポップさは相変わらずです。

    サンバ・ファンにとってコレは必携でしょう。サンバ・パゴーヂ界のドン、ゼカ・パゴヂーニョ新作。メジャーらしい豪奢でポップなアレンジといつもどおりのべらんめえな歌い口が最高!

    意外なところでサンパウロの音楽家/プロデューサー/教育者などとして長いキャリアを誇る知る人ぞ知る存在であるアンドレ・マガリャエスの初となる自身名義作が登場。緊張感あふれるブラジリアン・ジャズから、弦楽オケとサンバのビートを融和した実験的かつシネマティックなトラックまで、架空の映画のサウンドトラックのよう。ジュサラ・マルサル、セウマールなどなど多彩なゲストが参加。パト・フの「おもちゃの楽器」シリーズライブ盤DVDは、安定の楽しさ!!

    シコ・アナドンのサンバ・ホッキ・アルバム、ゼ・ハマーリョの1979年のライブ録音、ゼカ・バレイロの新作2タイトルなど、MPB~ロック系も入荷しています!
    • 前の記事へ

      [中古] ウェブ限定! 秋のブラジル中古CDセール開催中!

      LATIN / BRAZIL

      2019.11.08

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      [予約] ミルトン・ナシメントの1976年に録音された幻音源『Maria Maria』がついに世界初レコード・リリース!

      LATIN / BRAZIL

      2019.11.01

    • 一覧へ戻る