• CD
  • 売切
  • (注文不可)

1,080円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
  • 特典終了
レーベル
SUPERSESSIONS
国(Country)
JPN
フォーマット
CDS
規格番号
SSJQ0001
通販番号
HMHR140110-506
発売日
2014年02月19日
EAN
4560462711006
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

【国内盤】
【2014年2月19日発売】

クラシック・ロックを基盤にその研ぎ澄まされたスキルと音楽性で一躍シーンの注目を浴びるバンド、QUORUM(クオラム)。平均年齢は22歳。それぞれが数々のバンドを経て2013年に結成。その衝撃は東京のライブハウス・シーンから広がりを見せており、5曲入りミニ・アルバムが遂に完成。

ベーシックな作曲は全曲Guitarの北川遊太が担当。天才的なリフ・ワークから放たれる完成度の高いソングライティングは日本の新しいロックの扉を叩く。また彼はこれほどのギター・プレイが出来るのに楽典的知識は皆無で、コードの名前さえ危うい。要するに全ては耳と感性で構築されているようだ。新しいギター・ヒーローの登場である。リズム隊は逆にしっかりした音楽知識とテクニックを持ったBassの盆子原幸人とDrumsの石川達也。特筆すべきは盆子原の74年製のFender・Precisionからくり出されるグルーヴ。時折見せるタッピングを絡めた高速フレーズはPEACEのヘッドアンプで歪み増幅されライブのテンションをさらにヒートアップさせる。そして「神の声」を持つシンガーは弱冠20歳の浪岡真太郎。現役東京大学生でバリバリの理系の頭脳を持つ。嗚呼、日本のロック・シーンは何十年この男の出現を待ち続けたのだろうか。また彼のペンによる抒情的な英語詞もこれまでの邦楽のレベルでは見たことが無い。ついに天才が現れた。偶然によってこの4人が出会い結成したQUORUM。バンド名の由来は実存した古き良き時代の駿馬の名前。この末期的混沌とした音楽環境をどう駆け抜けてくれるのか?もう既にゲートは開いている。