LILIANA HERRERO

LILIANA HERRERO リリアナ・エレーロ

これぞネオ・フォルクローレの原点!! ネオ・フォルクローレ最高峰のシンガー、リリアナ・エレーロがアルゼンチン・ロックの雄フィト・パエスのプロデュースにより1987年にリリースした1stアルバムが再発!

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)
  • WEB特別価格

1,980(税込)

10%OFF 1,782円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 試聴可能
レーベル
SONY
国(Country)
ARG
フォーマット
CD
規格番号
098202
通販番号
1008151537
発売日
2020年09月02日
EAN
8898534109274
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

これぞネオ・フォルクローレの原点!!ネオ・フォルクローレ最高のシンガー、リリアナ・エレーロがアルゼンチン・ロックの雄フィト・パエスのプロデュースにより1987年にリリースした1stアルバム。取り上げる楽曲はRaul Carnota、Atahualpa Yupanqui、Cuchi Leguizamon、Ramon Ayalaといった典型的な曲が多いにも関わらず、フィト・パエスによる斬新なアレンジが施された楽曲群から受ける印象は、それまでのフォルクローレとは全く違っている。

パーカッションとクラリネット、ドラムマシーンにキーボードが加わり朴訥と進行していくM2、キーボードとギターのリフレインにシンセサイザーの幻想的なサウンドが絡み合うM3、更にはパーカッションとシンセサイザーがせわしなく交差するユパンキ曲M6などなど、全編において展開される実験性に満ちたサウンドと、リリアナの神々しいまでの歌声を融合させた試みは、まったくもって斬新である。当時世界を席巻していたニュー・ウェーブにも通ずるルーツ・ミュージック回帰の動きが、自国のフォルクローレに対するアプローチへと向かわせたのか?いずれにせよ、この後のモノ・フォンタナ~カルロス・アギーレ~アカ・セカ・トリオといった現在に繋がる流れを作ったアルバムとして考えられるアルゼンチン音楽史のエポック・メイキング的作品である。

ソングリスト

  • 1. Debajo Del Sauce Solo
  • 2. Vidalita Riojana: Dueno No Tengo
  • 3. La Media Luna
  • 4. Solo Canto Esta Copla
  • 5. Mi Pueblo Chico
  • 6. Para El Cachilo Dormido
  • 7. Zamba Para La Viuda
  • 8. Dona Ubenza
  • 9. Solo Luz
  • 10. Canto Al Rio Uruguay