ねこぢる草 サウンドトラック LP&CD 再発 お知らせ有

  • アニソン
  • ニュース

2024.06.10

  • LINE

  • メール

※製造の都合と楽曲の構成上、A4の溝が深いため、プレイヤーの針圧によっては針飛びする可能性が御座います。

その場合は針圧を重くしてご調整くださいませ。

 

ねこぢる草 サウンドトラック LP&CD 再発

発売から20年以上の時が経過した今日もカルト的なファンを増やし続ける、佐藤竜雄&湯浅政明のタッグが手掛けたねこぢる原作の2001年OVA作品『ねこぢる草』


極めて入手困難な状態が続いていた、手使海ユトロによるそのサウンドトラック作品が、初となるLP&CD再発!


ねこぢる草 サウンドトラック


月刊漫画ガロで連載された不条理系ギャグ漫画の特異な作品であり、90年代後半にはガロ系の枠を大きく超えて、ねこぢるブームを巻き起こしたねこぢるが1990年から1995年に手掛けた漫画作品ねこぢるうどん。 
その各編のシチュエーションをモチーフとして、佐藤竜雄監督、湯浅政明による脚本、演出、絵コンテ、演出・作画監督という豪華布陣にて制作されたロードムービー風のOVA作品『ねこぢる草』のオリジナル・サウンドトラック作品。 
日常性や朴訥としたムードという糖衣でシュルレアリスティックな悪夢をコーティングした劇薬である原作、そしてその抽象的な側面を抽出した『ねこぢる草』の魅惑的劇伴となった本作は、その朴訥と悪夢が奇妙な、だが効果的にブレンドされた、無国籍的で特異な魅力を放っている。 


オブスキュアな音楽作品としても名高い本作を手掛けたのは、作編曲家として、松崎しげるや太田裕美ら多数の歌手やミュージシャンに楽曲提供を行うのみならず、絵本作家のたむらしげる作品のサウンドトラック盤となった「ファンタスマゴリアの想い出」や「銀河の魚」、「クジラの跳躍」、そして、「夢の碑」、「チョーク色のピープル」、「風呂上がりの夜空に」といった、オブスキュアで傑出したイメージ・アルバム作品を担当した事でも知られる作曲家、プロデューサー、シンセサイザー奏者の手使海ユトロ。


伊カルト・ノイズ作家、マウリツィオ・ビアンキを彷彿とさせるようなダークアンビエント/ニューエイジとして秀逸な「イリュージョン」、それがよりコズミックに変化したような「そらをのみこんだとり」、作品の”洪水によって沈んだ地球”を舟で彷徨う主人公二人のシーンを彩る、民族音楽的であり、アジア的なムードを称えつつ幻想的な「船の上のにゃっ太たち」「魚の活造り」「魚の夢」など、珠玉のトラックを全19曲収録。


にゃーこが死神に連れ去られ、魂の半分を奪われる冒頭シーンで流れる、ストレンジな映像と調和する「変なおじさん」、仄暗く美しいニューエイジ作品として珠玉なその後の「赤いガラスの海」、原作のノスタルジーとシュルレアリスティックな感性が大きく反映された名演「まわる時計の針」 、そして、不吉なラスト以降のエンドロールで流れる、オルゴールのサウンドに彩られるノスタルジアと悪夢の再演「エンディング」に至るまで、原作、アニメの感性を強く捉えた上で音響として、楽曲として、劇伴として成立させる、手使海ユトロの真髄が発揮された金字塔的名盤。


■ディスクユニオンオリジナル特典■

ジャケットイラスト57mm缶バッジ

※特典は無くなり次第終了となります。予めご了承くださいませ。

※イメージは後日公開となります。


※入荷次第の発送となります。予めご了承ください。

※2024年4月15日(月)までの受注締切となります。その後もご予約は承りますが、限定生産のため受注締切後は在庫切れ・ご予約不可となる場合がございますことご容赦くださいませ。