LIFE BETWEEN THE NOTES / ライフ・ビトゥイーン・ザ・ノーツ

BLUEY ブルーイ

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,640円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 試聴可能
レーベル
Pヴァイン
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
PCD24399
通販番号
1006583943
発売日
2015年04月15日
EAN
4995879243992
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

インコグニートの総帥にして「私には12ものプロジェクトが控えているんだ」というワーキングハード・マン=ブルーイ、『リープ・オブ・フェイス』('13)好評を経て登場のソロ第2弾!

バンドのソウル純度を最上級に膨らませたインコグニートとしての最新作『アンプリファイド・ソウル』('14)はビルボード・コンテンポラリー・ジャズ・チャート首位を獲得。この夏のジャパン・ツアーが各地ソールド・アウトの盛況をみせる頃、既に総帥・ブルーイの頭脳には次の構想が膨らんでいた
――イギリスに戻ったら、各地ショウの合間をみてセカンド・ソロの制作にとりかかって年内には仕上げるよ――。
その実、戻ってすぐ、とある新人がロンドンにブルーイを訪ねアルバム・プロデュースを受け、加えてフュージョン界の大物、ヨーロッパのヴォーカリスト、ソロ含め3 つの自身周辺プロジェクト、と秋の作業スケジュールはツアーを加えるとびっしりだったブルーイだが、約束どおり'15 年が明けたと同時にソロがほぼ完成をみた!

写真は数々のスーパーモデルやジャズ・ジャイアンツを撮ってきた巨匠、マルコ・グラヴィアーノがシューティング、より「オトコ」の「ダンディズム」に磨きがかかっているが、アルバムの詳細クレジットが届かずとも、前作同様、30 年近くの付き合いでお互いを知り尽くしたリチャード・ブルとの楽曲制作が軸になっているであろうことは、出てくる音で明白。前作の“Ain't Nobody's business But My Own"のようにスキー・オークンフル辺りと制作したであろう“Hold On"は重心の低いボトムと空間的な上モノで欧米のディープハウス・トレンドそのもの。続くアルバム・タイトル曲はMFSB“Mysteries Of The World"を思わせるグルーヴィなベースラインと、同グループ初期を思わせる壮麗なストリングスの、アルバム・リードトラック候補。“Saints And Sinners"はいわゆる「グラスパー」後のビート構築に、上モノはハウス・クリエイターの創るR&B のそれっぽいキレイ系。今回のキラーコンテンツ足り得る側面はジャズ目線でのラテン強化! マンボ調の“Trippin'On This Feelin'"、ラテン・ジャズな“Columbus Avenue"と、オトナなダンス音楽を演出。アシッド・ジャズ・シーン黎明期はこうした曲に合わせ、スーツにタイドアップして踊っていたのをブルーイは心得ている。ということで、お子さまは背伸びなしでは入れなくとも、遊びと余裕を知る大人にはさまざまなシチュエイションに対応した、インコグニート以上にヘビロしやすい1 枚!
(メーカーインフォメーションより)

ソングリスト

  • 1. Dance To My Drums
  • 2. Life Between The Notes
  • 3. Hold On
  • 4. Saints And Sinners
  • 5. Trippin’ On This Feelin’
  • 6. I’ve Got A Weakness For your Love
  • 7. Tomorrow Never Lies
  • 8. Columbus Avenue
  • 9. Caught Up In The Grey
  • 10. Been There Before
  • 11. More Than Getting By
  • 12. The Poetry Of Life
  • 13. Sunships On The Shores Of Mars
  • 14. I’m Only Here To Remind You