モダン・ブギーが続々入荷中。

  • SOUL/BLUES/GOSPEL
  • SOUL/RARE GROOVE

2021.04.26

  • LINE

  • メール
モダン・ブギーが続々入荷中です。




クール・ミリオンのRob Hardtが強力バックアップ、プロデュースで多数参加!超実力派ディーヴァ、Dorrey Lylesの圧巻の歌声とスタイリッシュでソウルフルなサウンドが織り成す奇跡!スムースでラグジュアリーな最高のモダンソウル・アルバムの登場!

ステージから客演、様々なプロジェクトに参加し、ソウル、ゴスペル、ディスコからクラブまで幅広いシーンで活躍してきた本物のディーヴァの記念すべきソロ・アルバムが遂に完成!シーン最高のプロデューサー、クール・ミリオンのロブ・ハードが大半のプロダクションを手掛けているというのだからもう間違いない!滑らかなベースラインにしっとりと歌を聴かせるスムースダンサーTR-1、ナイル・ロジャースを彷彿させるギターが効いたクール・ミリオンならではの最高のモダンディスコTR-2、4、デヴィッド A. トビンをフィーチャーしムードたっぷりのデュエットで魅せるアーバンミディアムTR-7、 ビル・ウィザースの名曲をゴスペル仕込みに歌い上げた至高の一曲TR-10など全編に渡って聴き曲満載!ソウル、R&Bからディスコ、ブギーまで飲み込んだモダンソウル、久々の大傑作アルバムの登場です!!

(メーカーインフォメーションより)







モダンファンクの最重要プロデューサー、Ivan Makvel、超待望のアルバムが遂に登場!


XL Middleton、Funkmaster Ozone、Temu、Mofak等現シーンの立役者が一挙集結! R&B、ブギーからPファンク、ニューディスコまで飲み込んだ超大作が完成!
 
人気レーベルSleepers Recordzを主宰し、プロデューサー、そしてシンガー、トークボクサー、エンジニアと多岐にわたってその才能を発揮している現モダンファンク・シーン最大の立役者、Ivan Makvelが7年ぶりとなる超待望のアルバムが遂に完成! XL Middleton、Funkmaster Ozone、Temu、Mofak等豪華ゲスト陣を招いてR&B、ブギーからPファンク、ニューディスコまで現在のモダンファンク・シーンを総括! シンセベースがブリブリ唸る悶絶ファンクTR-2、思わず腰が砕けるバウンス・チューンTR-3、アーバンムード漂うエレガント・ファンクTR-5、トークボックス炸裂のアッパーチューンTR-6、スムースなビートに洗練されたサウンドが光るニューディスコTR-7、レイドバックした極上ウエッサイチューンTR-10など全編に渡って圧巻のモダンファンク・サウンドを聴かせてくれます! まさに隙間なしのモンスター・アルバム!全トラックのインスト収録も嬉しい限り! このアルバムを聴かずに今のモダンファンクは語れません。

(メーカーインフォメーションより)







イタリアのメイヤー・ホーソーン、アル・カステラーナが新作アルバムを完成!

メイヤー・ホーソーンと並ぶ洗練されたサウンド・プロダクション、現イタリアが誇るブルーアイド・ソウルシンガー、アル・カステラーナが最新作を完成!AORやブギーなど現シーンのキーとなるフレイヴァーをふんだんに盛り込んだ最高傑作アルバム!

90年代から活動し、イタリアらしい洗練されたヴィンテージ・サウンドと味わい深い歌声でここ日本でも人気を博すブルーアイド・ソウルシンガー、アル・カステラーナが最新作を完成!R&B、ソウルを基盤にAORやブギーなどアップデートなサウンドをフィーチャーした今のシーンにど真ん中なモダンソウルを聴かせてくれます。爽快感溢れる極上ミディアムTR-1から最高の幕開け、キラキラ感が溜まらないサウンドに伸びやかな歌声を披露するTR-2、軽快なビートに80'sを彷彿させるサウンドが最高に心地よいダンサーTR-4、ブリブリなベースラインにドラマティックなメロディ、疾走感が堪らないブギーディスコTR-7、アコースティックなサウンドに最高の歌声で美メロなメロディを奏でる壮大バラードTR-12などなど全編に渡ってアル・カステラーナ節が炸裂!生楽器主体の洗練されたリッチなサウンドと天性のメロディ、そして味わい深い歌声が三位一体となって奏でる極上のソウル・ミュージックを聴かせてくれます!

(メーカーインフォメーションより)







2019年4月の発売後、即完売 / 廃盤となり、中古での市場価格が高騰をし続けているニュー・フレンチ・ファンク・ユニット『MAGOO』の「LET'S HAVE A BOOGIE」が、数量限定でリプレス決定!足元にジャケが置かれてちょっとした変化が加えられた新装盤となっています!

2010年に1stアルバム"MAGOO"をリリースして以降、その完成度の高さからヨーロッパ圏内外問わず高い評価を受けファンを増やし続け、今でこそCOOL MILLIONやT-GROOVEなどの台頭もあり、80'sリバイバルなモダン・ブギーが当たり前の様にヒットする時代になりましたが、"MAGOO"はブーム到来の前からそのスタイルを貫き通して来た筋金入りのブギー・プロデューサー。

すでにお聴きのリスナーもいるかと思われますが19年作の『LET'S HAVE A BOOGIE』も期待を裏切らない完成度の高い1枚に仕上がっており、ハイライトはTR-2の「LET'S HAVE A BOOGIE」!ゲスト参加したHERYOのコーラスにPHILLIPPEのファルセットが絡み合い、キレの良いシンセ・フレーズもクセになるグレイトな濃厚BOOGIE。 アルバム全体を通してMAGOO流儀のダンサブル・ナンバーが豊富にそろい、捨て曲ナシの珠玉のアルバム!

完売後もウォントは止まらず祝リプレス決定!というわけで買い逃してた皆様やプレイで酷使し続けたDJの皆様!お待たせしました!






このほかにもたくさんのモダン・ブギーを取り揃えておりますので、この機会にぜひお買い求め下さい!!