LOVE IS WAR FOR MILES / 7 BAR THING

MYELE MANZANZA ミレーネ・マンザンザ

THEO PARRISH主宰レーベル2018年ラストはニュージランドのドラマーによる初期クラシックのジャズファンク・カバー!

  • レコード
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

1,850円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 再入荷
  • 試聴可能
レーベル
SOUND SIGNATURE
国(Country)
US
フォーマット
12"(レコード)
規格番号
SS072
通販番号
1007812500
発売日
2018年12月20日
EAN
2299990624373
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

2018年ラストSSを飾る極上のジャズファンク!!!! ニュージーランドのドラマー/パーカッショニスト/プロデューサーであり、THEO PARRISHのバンドTHE UNITのメンバーとしても知られるMYELE MANZANZAの新作は、THEOのレーベル〈SOUND SIGNATURE〉からリリース!!!!


なんと、THEOのデビューアルバム「FIRST FLOOR」に収録されたデトロイトハウスを代表するクラシック、"Love Is War For Miles"のカバー!!! Miles Davisからのインスパイアを変換したTHEO PARRISHの原曲をさらにジャズで再構築するという意欲作!

MARK DE CLIVE-LOWEやMIGUEL ATWOOD-FERGUSON、LORD ECHO作品にも参加するDANIEL HAYLESが参加した素晴らしいJAZZアルバムとして評価された2016年のJAZZアルバム「OnePointOne (Live At The Blue Whale)」に収録されていたバージョンとは別となる、2013年5月にオーストラリア・シドニーでLIVE録音された音源を収録。

彼自身のキャリアの転換点となる時期のLIVE音源!
2016年のLIVE VERSIONより、THEOの原曲のようなミニマルなグルーヴをベースに、徐々に厚みを増して盛り上がっていく漆黒の宇宙的な鳴り!
こちらにも、MARK DE CLIVE-LOWEがピアノとキーボードで参加。










"All I had to give the trio in the rehearsals for this was the sketch of rhythm and harmony from the original, and a small piece of guidance for the form.

1) Start with unrecognised fragments
2) Find our way into the rhythm
3) Hit the melody 4 times
4) Deliberately break everything and look for the unknown
5) Find our way back home."

 


Myele Manzanza - drums
Mark de Clive-Lowe - piano, keyboards, electronics
scott Maynard - double bass

Recorded Live May 31st 2013 at Blue Beat, Sydney Australia.

Love Is War For Miles - wittern by T. Parrish
7 Bar Thing - wittern by M. Manzanza, J. Wylie, J. Te Kahika.


 

ソングリスト

  • A1. Love Is War For Miles
  • B1. 7 Bar Thing