カニエ・ウェスト論

カーク・ウォーカー・グレイヴス

《マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー》から読み解く奇才の肖像

  • 予約

1,800円(本体価格/税別)

※ 5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ISBN
9784866470900
発売年月
2019年6月
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

大人気ラッパー/プロデューサー、カニエ・ウェストの書籍が初の邦訳刊行。
――最高傑作との呼び声高い『マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー』を徹底的に読み解く。


・「FNMNL」にて本書収録の「贖罪のアート」を試し読み先行公開中!
・「Spincoaster」にて紹介されました!
・「
ファッションプレス」にて紹介されました!


『マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー』とは?
さかのぼること2009年、MTVヴィデオ・ミュージック・アワード授賞式でのこと。
人気歌手、テイラー・スウィフトの受賞スピーチに乱入し、大ひんしゅくを買ったカニエ・ウェスト。
当時の米大統領バラク・オバマからも「馬鹿者」と呼ばれるなど全米中から批難を浴び、一時はアーティスト生命が絶たれたかに思われた。
しかしカニエは人知れずハワイのスタジオにこもり、5thアルバム『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』を制作・完成させる。

翌10年にリリースされた本作は、ラップファンだけでなくロックやポップスなど幅広い層のリスナーから大絶賛で迎えられる。ロック系メディアの大家「ローリングストーン」誌や「ピッチフォーク」でも年間ベストアルバムの座を射止め、カニエは名実ともにみごと復活を果たしたのだった。

近年はゴシップ記事の見出しを飾る“お騒がせセレブ”として知られるカニエだか、その音楽的才能はリスナー、同輩ミュージシャンともに多くが認めるところ。
本書では『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』を題材に、そのナルシシスティックな人物像と彼の生み出す作品をひも解く。

『College Dropout』『808s & Heartbreak』『Yeezus』など、その他の重要アルバムについても詳しく解説。

日本語版には、本書訳者にしてライターの池城美菜子による解説を追加収録。
さらに、現時点までの全キャリアを総括した巻末付録「カニエ・ウェスト年表」付き。


訳者紹介: 池城美菜子(いけしろ・みなこ)
R&B、ヒップホップ、レゲエ専門の音楽ライター、翻訳者。98年からニューヨークを拠点に活動、2016年に帰国。現在は副業OKの新聞社で働きながら執筆と翻訳を続ける。取材したアーティスト数はのべ300組以上。カニエ・ウェストは取材していないが、パーティーなどで10回近く観察、入り組んだ思い入れがある。
著書に『Di Reggae Book ディ・レゲエ・ブック』(シンコーミュージック、06年)、『まるごとジャマイカ体感ガイド』(スペースシャワーブックス、14年)、『ニューヨーク・フーディー マンハッタン&ブルックリン レストランガイド』(カンゼン、16年)、訳書に『HOW TO RAP 104人のラッパーが教えるラップの神髄』(Pヴァイン・ブックス、11年)。