ロビー・ロバートソン自伝

ROBBIE ROBERTSON / ロビー・ロバートソン

ザ・バンドの青春

  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

3,800円(本体価格/税別)

※ 5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • LINE

  • メール

商品詳細情報

はじめてすべてを綴った。
ボブ・ディランとの怒涛のツアー、
地下室での音楽探求、
ラスト・ワルツ、ザ・バンド解散まで。





京都新聞」(2018.11.4)「本屋と一冊」にて、『ロビー・ロバートソン自伝』が紹介されました。紹介者は和中整さん(大垣書店 高野店)です。

カナダで生まれ、ユダヤ人の父とインディアン母を持つ男がアメリカ音楽の核心に、
仲間(ザ・バンド)とともに迫っていく過程を描いた傑作ノンフィクション。

追憶と驚異の書。アメリカ音楽が魅惑的だった時代、その場に、そのすべての中心にいた男による証言だ。言葉のひとつひとつから、音楽が聞こえてくる。―――マーティン・スコセッシ(映画監督)

読む手が止まらない。時代のドキュメントとしては、もっとも優れたもののひとつであり、ロックンロールについて書かれた書物としても、史上屈指のすばらしさ。―――ヤン・ウェナー(ローリングストーン創設者)

ロビー・ロバートソンのように物語れる人間はほかにいない。どのページからも彼の愛情、情熱、そして音楽的才能が感じ取れる。―――デイヴィッド・ゲフィン(アサイラム・レコード、ゲフィン・レコード、ドリームワークス創設者、起業家)

☆ニューヨークタイムズ・ベストセラー!
☆A Rolling Stone Top 10 Music Book of 2016

本書で語り継がれる60年代~70年代の神話。
ボブ・ディラン、ラスト・ワルツ、ウッドストック、ベアズヴィル、ザ・ビートルズ、ニール・ヤング、エリック・クラプトン、ジョニ・ミッチェル、マディ・ウォーターズ、ヴァン・モリソン、ドクター・ジョン、ボビー・チャールズ、ロン・ウッド、ロニー・ホーキンズ、ポール・バターフィールド、トッド・ラングレン、ジョン・サイモン、イーディ・セジウィック、アルバート・グロスマン…。



<訳者略歴>
奥田祐士 (おくだ・ゆうじ)
1958 年、広島生まれ。東京外国語大学英米語学科卒業。雑誌編集をへて翻訳業。主な訳書に『ザ・バンド 流れ者のブルース』『ニール・ヤング自伝』『ポール・マッカートニー 告白』『トッド・ラングレンのスタジオ黄金狂時代』『スティーリー・ダン・ストーリー』などがある。


A5 / 536ページ+口絵16ページ / 上製(地アンカット)