「スーパーマリオブラザーズ」の音楽革命

Andrew Schartmann / アンドリュー・シャルトマン

近藤浩治の音楽的冒険の技法と背景

  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

2,000円(本体価格/税別)

※ 5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

カートに入れる

カートに商品が追加されました。

カートを見る

閉じる

ネット書店で購入

ISBN
9784866472041
発売年月
2023年7月
版型
四六
ページ数
192ページ
製本
並製
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

ゲーム音楽が芸術に昇華した瞬間――。

ジョン・レノン「イマジン」とともに、
アメリカ議会図書館にも登録!

♪タラッタ、タラッタ~♪

すべてはここ(↑)からはじまった!

解説:KenKen




・imdkmさんのWebサイトに書評が掲載されました!
・「レコード・コレクターズ」(2023年10月号)にて、『「スーパーマリオブラザーズ」の音楽革命』の書評が掲載されました!評者はエブリデさんです。
・「ミュージック・マガジン」(2023年10月号)に書評が掲載されました! 評者は小鉄昇一郎さんです。
・「本の雑誌」9月号、すずきたけしさんの「新刊めったくたガイド」にて紹介されました!
・「intoxicate」 (vol.165)に書評が掲載されました! 評者は橋本直己さんです。
・「ぶらあぼ」(2023年9月号)にて紹介されました!
・「Mikiki」に書評コラムが掲載されました!評者はノイ村さんです。
・「音楽と人」(2023年8月号)に書評が掲載されました! 評者は阿刀 “DA” 大志さんです。


「スーパーマリオ」の音楽に関する初の論考本。
いまこそ知っておきたい、その音楽の秘密。
クラシックなどの学術論文を書いてきた音楽研究家が、わかりやすく解説。
ゲーム・サウンドトラックの歴史を変えた近藤浩治の作曲術とは?

<おもな目次>
序文 二〇世紀の音楽アルバムという録音芸術にふさわしい作品

イントロダクション 私たちの心を深く動かす音楽とは?

ワールド1「スーパーマリオブラザーズ」誕生の背景
1-1「E.T.」から「マリオ」へ
1-2 マリオ、大きくなる
1-3 近藤浩治の作曲哲学
1-4 近藤浩治にとっての楽器――ベートーヴェンVS近藤

ワールド2「スーパーマリオブラザーズ」の音楽
2-1 地上と地下――反復とバリエーション
2-2 水中のワルツ――8ビットのダンスミュージック
2-3 クッパの「城BGM」と、その他のエンディング――感情を動かす!
2-4 効果音――ミッキーマウシングの進化

終わりに 近藤の芸術はさらなる高みへ

解説 音楽で生きていくための指針にもなった近藤浩治さんの音楽 KenKen

<訳者略歴>
樋口武志(ひぐち・たけし)
1985年福岡生まれ。訳書に『ウェス・アンダーソンの風景』(DU BOOKS)『THE HEART OF BUSINESS(ハート・オブ・ビジネス)』(英治出版)、共訳書に『ノー・ディレクション・ホーム ボブ・ディランの日々と音楽』(ポプラ社)など。

デザイン:相馬章宏(コンコルド)