• CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,160円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 試聴可能
レーベル
CERBERA RECORDS
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
CER007
通販番号
1007348775
発売日
2017年05月10日
EAN
4526180416531
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

松村拓海 (フルーティスト・作曲家) 2017年ニューリリース。アカ・セカ・トリオやタチアーナ・パーハといった南米のアーティストに強い影響を受ける音楽家たち、岸淑香(Piano, Melodion) 森永達哉(Guitar) スズキトモヒサ(Perc) Jérôme Fouquet(Trumpet : Track2)と繰り広げる、草原をかけぬけるような天上のアンサンブル。エグベルト・ジスモンチやキケ・シネシのようなアーティストが試みたフォークロアとクラシックの融合を、ココ日本で継承しているような作品だ。

(以下ケペル木村氏のライナーノーツより抜粋)
ところでグループ名の「+81」というのは海外から日本国内へ国際電話をかけるときに必要な日本の国番号である。ここでその番号をグループ名でありアルバムのタイトル名にしたのは、自らのアイデンティティーが日本人であることを明確に呈示していることになる。彼らが演奏する松村のオリジナル曲には彼が影響を受けたブラジルやアルゼンチンの音楽家の音楽の具体的で直截的な影響はあまり聴こえてこない。しかしこのアルバムを聴いているうちに、聴く人の音楽体験や経験値によってはそのメロディーやリズムに、南米大陸が持つ豊かな色合いや、雄大な自然の匂いのようなものを感じ取ることが出来るし、同時に日本人ならではの繊細な表現も十二分に聴き取ることができる。そこが興味深く面白い。




ソングリスト

  • オオルリ鉄道
  • Good day for a drive
  • 水と油
  • さざ波に
  • 群鳥
  • 夕影落ちて
  • 白へ
  • 月の跡