We're Here / ウィア・ヒア

Alter Ego オルター・エゴ

中国地方を中心に活動する “メロウ×ダンサブル” ピアノ・トリオ「オルター・エゴ」初の全国流通フル・アルバム

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

2,500円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
PLAYWRIGHT
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
PWT39
通販番号
1007530049
発売日
2018年02月07日
EAN
4988044036499
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

中国地方を中心に活動する “メロウ×ダンサブル” ピアノ・トリオ「オルター・エゴ」初の全国流通フル・アルバム
2016年秋、突如公開されたMusic Video 「ペネロープに吹く風」が公開3ヶ月で10,000再生を突破、その後中国地方限定でミニアルバムをリリースしたピアノトリオ「Alter Ego」初の全国流通フル・アルバムが発売決定!

<We're Here>
これを聴いて身体でビートを刻まない人はいない、畳み掛けるように繰り返される低音鍵盤のリフでアルバムがスタート。

リズムを取りながら首を揺らしていると思えば、自然な流れで哀愁漂うメロウなパートが展開されていく1M.Y.N.Y.は、まさにメロウ×ダンサブルな一曲。
ラテン的なリズムを包含しながら、情熱的に、これもまた繰り返されるピアノ・リフが耳から離れない2Homeless Dance、タッチの心地良いドラム、うねるベース、軽やかなピアノが掛け合う3Chocolate、実に名が体を表している事に、ここまで聴いて気が付く。

曲名と楽曲が非常にマッチしている。情景が浮かぶのは、彼らの曲に対する像がしっかりと描き出されているが故だろう。リズムで身体がノッてしまうセクションと、心地よく身体が揺れてしまうセクションを、アルバム中、曲によっては一曲の中でも包含しているのがこの作品だ。

終幕は10その1人の友と出会えたという事。アルバム唯一の邦題で、曲目の中でも一際存在感を放っている。彼らが創り上げてきたもの、形としてきたものは、全ては出会いから始まっている。その想いが詰まった一曲であり、曲に説得力がある。背景を知るか否かは関係ない。聴けば、解る。情景が浮かぶと前述したが、耳で聴いて想像させられ、心情を掻き立てられる。そんな本作と彼らを象徴したような一曲で幕が閉じる。

作曲 : 緒方仁一 (124568910) 小川聡一郎 (37)
録音 : 2017年 Alchemy Studioレコーディング・マスタリング : 福岡直子
アートディレクション & 撮影協力 : KuMiAi (曽木政良 & 桂智幸)

その1人の友と出会えたという事 / Alter Ego


< Alter Ego>
緒方仁一(Pf)、安田洋喜(Ba)、小川聡一郎(Ds)の3人で構成。
全曲オリジナルのクラブジャズを演奏するピアノトリオ。2011年末に結成。広島県福山市にある楽器店のスクールで知り合ったピアノトリオ。これまでにfox capture planやPRIMITIVE ART ORCHESTRA、Freecube、TRI4THなどのオープニングアクトを務める。
2016年10月に公開したMV「ペネロープに吹く風」は、視聴回数20,000回を越える。
2017年3月にPlaywrightレーベルより、「YOU'RE MY ALTER EGO」を中国地方限定でリリース。

<メンバー>
緒方仁一 : ピアニスト。1975年生まれ。広島県尾道市出身。ピアノを國米眞規子氏、鳥岡香氏、樽栄嘉哉氏、理論を福本久記氏に師事。19歳からピアノを始め、Alter Egoの作曲の殆どを担当する。現在、福山、尾道を中心に活動中。

安田洋喜 : ベーシスト。1981年生まれ。岡山県浅口群出身。中学生のとき兄がギターを始めた影響でベースを弾き始める。青春時代をハードロック、ヘビーメタル、パンクで過ごすが、徐々にジャズ、レゲエ、スカ、ソウル等に傾倒。25歳から広島県福山市のベースマスター竹中芳雄氏に師事。現在、福山、尾道を中心に活動中。

小川聡一郎 : ドラマー。1991年生まれ。広島県福山市出身。ドラムスを大坂昌彦氏、松山修氏、作曲を香取良彦氏に師事。2014年3月に洗足学園音楽大学ジャズコースを卒業。東京・神奈川を中心に活動後、現在は福山にて活動中。最近では、Alter Egoの作曲も手掛ける。

ソングリスト

  • M.Y.N.Y.
  • Homeless Dance
  • Chocolate
  • Big time changes
  • Keep playing
  • Insanity
  • I'm here
  • Buena Respuesta
  • But too late
  • その1人の友と出会えたという事