Swingin' in Seattle: Live at the Penthouse 1966-1967

CANNONBALL ADDERLEY キャノンボール・アダレイ

1966、67年超ホットなキャノンボール・アダレイ・クインテット!!この時代を象徴する曲の数々がファンキーに盛り上がる!

  • CD
  • 新品在庫取寄せ
  • (5日~3週間後に発送)

2,268円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
REEL TO REAL
国(Country)
IMPORT
フォーマット
CD
規格番号
RTRCD001
通販番号
1007775677
発売日
2018年12月15日
EAN
0875531015119
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

1966、67年超ホットなキャノンボール・アダレイ・クインテット!!
シアトルのジャズ・クラブ“ザ・ペントハウス”でのライヴ・パフォーマンス
“Sticks”他、この時代を象徴する曲の数々がファンキーに盛り上がる!

●弟のナット、ジョー・ザヴィヌル、ヴィクター・ガスキン、ロイ・マッカーディを従えたキャノンボール・アダレイ・クインテットが1966年6月と1967年10月にシアトルのジャズ・クラブ“ザ・ペントハウス”で行ったライヴ・パフォーマンスを収めたアルバム。

●演奏はすべて未発表で、66年のほうは、6月3日にアムステルダムでライヴ・レコーディングを行った後に帰米しての演奏。
この年の8月には同じメンバーで2度目の来日を果たしましたが、その模様はCapitolからリリースされた『Cannonball In Japan』というアルバムで聴くことができます。また、67年のパフォーマンスは、6~7月録音のCapitol盤『74 Miles Away』の2ヶ月半ほど後のもので、68年6月録音のCapitol 盤『Accent On Africa』との間ということになります。

●演奏されているのは、60年頃によく取り上げていたジミー・ヒースのオリジナル「Big “P”」、『74 Miles Away』のタイトル曲やそのアルバムに収録されているスタンダード曲「The Girl Next Door」、『Cannonball In Japan』や名盤『Mercy,Mercy,Mercy』で聴くことのできる「The Sticks」と「Hippodelphia」、『Great Love Themes』に収められている「Morning Of The Carnival」と「Somewhere」、そしてチャーリー・パーカー作のブルース「Back Home Blues」。そのうち、キャノンボールによる「Back Home Blues」の演奏はこれまで聴くことができませんでした。

●66年の演奏も67年の演奏も、66年夏の来日公演を思い出させるホットでグルーヴィなものばかり。特にロイ・マッカーディのシャープなドラミングが光っています。

≪注目レーベル登場≫
*今や、“ジャズ探偵” の名をもつゼヴ・フェルドマンと、カナダの名ジャズレーベルCellar Live のコリー・ウィーズによる共同制作。
*ジャケット・デザイン、ブックレットの制作陣はResonanceと同様のスタッフによる作品です!!

メンバー:
Julian ‘Cannonball’ Adderley(as), Nat Adderley(corn),
Joe Zawinul(p), Victor Gaskin(b), Roy McCurdy(ds)
Recorded live at the Penthouse Jazz Club in Seattle,
WA on June 15 & 22, 1966 and October 6 & 13, 1967.

ソングリスト

  • 1.Jim Wilke Introduction (0:13)
  • 2.Big “P” (9:13)
  • 3.Spoken Introduction (0:16)
  • 4.The Girl Next Door (11:10)
  • 5.Spoken Introduction (0:48)
  • 6.Sticks (4:39)
  • 7.Spoken Introduction (0:12)
  • 8.The Morning Of The Carnival(Manhã De Carnaval) (10:56)
  • 9.Spoken Introduction (0:34)
  • 10.Somewhere (5:04)
  • 11.Jim Wilke Introduction (0:16)
  • 12.74 Miles Away (10:38)
  • 13.Spoken Outro (0:31)
  • 14.Back Home Blues (6:46)
  • 15.Hippodelphia (10:44)
  • 16.Set-Closing Outro (0:57)