濱瀬元彦による国産コンテンポラリー/ アンビエント・ミュージック奇跡の録音がついにLP化!!

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.06.20

    • LINE

    • メール
    コンテンポラリー/ アンビエント・ミュージック奇跡の録音
    完全限定プレスでついにLP化決定!


    ※LP / 完全限定プレス
    才気溢れるコンテンポラリー/ アンビエント・ミュージック奇跡の録音がついにLP化。


    1970年代よりベーシストとしてジャズ・シーンの第一線で活躍、音楽理論家としても名高い濱瀬元彦が1988年に発表したソロ3作目が初のLP化。
    ピアノに柴野さつき、パーカッションに山口恭範を迎え制作した本作品は、国産コンテンポラリー/アンビエント・ミュージックの金字塔として評価が再燃、最もレコード化が待たれた音源の一つと言えるでしょう。
    優れた演奏技術を備えた3名が奏でる、研ぎ澄まされた1音1音が織りなすアンサンブルは詩情豊かな情景を見事に描き出し、精緻極める理論に基づき、聴くたびに新たな発見を促す楽曲構成には、只々感嘆の一言に尽きます。
    今回の初アナログリリースにあたり濱瀬氏自身が立ち会いのもと新たなミックスを施し作品はさらなる高みへ、ディスクユニオン新レーベル『Silent River Runs Deep』より満を持してリリース。

    ■演奏:濱瀬元彦(b)、柴野さつき(pf)、山口恭範(perc)
    ■2018年最新ミックス&マスタリング
    ■巻き帯/インサート付
     

    • 前の記事へ

      universounds presents DEEP JAZZ REALITY 日本のジャズ傑作アルバムがオリジナル紙ジャケットで復刻!

      JAZZ

      2018.06.20

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      和製ブラジリアン・ジャズ・バンド、Immigrant's Bossa Bandの集大成ベストアルバムが発売

      JAZZ

      2018.06.20

    • 一覧へ戻る