[特典あり]アイドルワイルド・サウス 結成後約半世紀にして未発表2曲含む初のライブ・アルバムを公式リリース!

  • 日本のロック
  • ニュース(日本のロック)

2023.05.01

  • LINE

  • メール

日本のロックシーンに名を遺す名バンド"アイドルワイルド・サウス"が、
結成後約半世紀にして未発表2曲含む初のライブ・アルバムを公式リリース!


山下達郎に重用された日本一のスライド・ギター、松浦善博率いるアイドルワイルド・サウスは、和製オールマン・ブラザーズと名高く日本ロックの歴史に残る名バンド、そのライブ・パフォーマンスは今でも語り草である。オリジナル曲から成るアルバム1枚残しただけだったが、十八番中の十八番、オールマン・ブラザーズのカバーを中心に、ライブ・バンドたるアイドルワイルド・サウスの真髄と魅力が大いに発揮された初のライブ・アルバムが、結成後49年目にしてオリジナル・メンバーの監修により発売となる。DISC1は結成直後74年のレア音源から、勢いに乗った頃、77年のレイナード・スキナード来日公演でのパフォーマンスまでをまとめた70年代の音源で編成した全13曲。DISC2は90年代末期の再結成時のライブから長尺ナンバー中心に円熟味溢れる演奏が楽しめる。中でもオールマン・ブラザーズを超えたと思わせる18分強に及ぶ「エリザベス・リードの追憶」が白眉。ラストはアルバムタイトルになった20数年ぶりの新作である未発表曲「Better Late Than Never」で締めくくられる。



[アイドルワイルド・サウス]

1970年代前半、上田正樹とサウス・トゥ・サウスやウェストロード・ブルース・バンドなど関西ロックシーンが盛り上がる中、オールマン・ブラザーズ・バンドの2ndアルバムのタイトルからバンド名を借り、ツイン・ギター、ツイン・ドラムスという編成も徹底し、アメリカ南部音楽への憧れを露わに、1973年神戸で結成。和製オールマン・ブラザーズと評判を呼び、76年に同志めんたんぴんの池田洋一郎をプロデューサーに迎え、ビクターより「Keep On Truckin'」でアルバム・デビュー。大らかな歌と曲、そして松浦善博のスライド・ギターでオリジナリティを確立し、日本ロックの名盤として語り継がれることになる。77年1月、レイナード・スキナード来日公演のオープニングアクトに抜擢されるなど活躍が期待されたが解散。その後、松浦善博はツイストを経て山下達郎ファミリーに重用され(竹内まりや、村田和人などのアルバムに参加)、チャールズ清水はソー・バッド・レビューからブルーヘヴンへ、難波正司は桑名正博のバンドやT-スクエアに参加、森邊浩章は様々なグループで「バンマス」を務めるなど、数多くのアーティストのサポートを現在も行っている。そんな彼らが98年に再結成し、円熟味を増したライブ演奏を披露した。


ディスクユニオン オリジナルW特典

(1)アイドルワイルド・サウス 未発表ライブ2曲入CDR

(2)アイドルワイルド・サウス 1976年ポスター、レプリカ復刻(B5サイズ)


IDLEWILD SOUTH / アイドルワイルド・サウス / LIVE -BETTER LATE THAN NEVER-(2CD)
  • 日本のロック
  • 特典終了
  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

3,553円(税込)

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

好評販売中