9/4発売! Phew『Vertigo KO』CD・LP・ディスクユニオン限定Tシャツ付きセット販売決定!

  • 日本のロック
  • ニュース(インディーズ)

2020.07.22

  • LINE

  • メール

音楽フリーク注目のレーベル〈Disciples〉から最新作『Vertigo KO』を9月4日にリリース。

即完のカセット『Vertical Jamming』の音源を含めた2枚組CDで発売決定!
限定アナログ盤も同時発売!

Photo by Masayuki Shioda


"このアルバムは、2017年から2019年、10年代の終わり、この閉塞的な期間に制作された音のスケッチです。
言い換えるなら、幻想に浸るでもなく、音楽へ逃避するでもなく、また世界観を提示するものでもなく、2010年代後半のある個人のドキュメンタリーミュージックです。
このアルバムの隠されたメッセージは、「なんてひどい世界、でも生き残ろう」です。”  - Phew

日本のアンダーグラウンド・ミュージック界の伝説的なアーティスト、Phew。1978年に大阪で最も初期のパンク・グループの一つであるアーント・サリー (Aunt Sally) のフロントを務めたのを皮切りに、80年代にはソロ・アーティストとして坂本龍一、コニー・プランク、CANのホルガー・シューカイ、ヤキ・リーベツァイト、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのアレクサンダー・ハッケ、DAFのクリス・ハースなど、多くの著名なアーティストとのコラボレーションを行い、近年では、レインコーツのアナ・ダ・シルヴァ、ジム・オルーク、イクエ・モリ、オーレン・アンバーチ、ボアダムス/OOIOO/SaicobabのYoshimi (Yoshimi P-We) などとのコラボレーションも行っている彼女が、最新作『Vertigo KO』のリリースを発表した。

本作は、これまでに、ブラック・ロッジ、ボグダン・ラチンスキー、ヒズ・ネイム・イズ・アライヴといったカルト・ヒーローたちの未発表音源を世に発表して音楽ファンから一目置かれてきたレーベル〈Disciples〉の審美眼に適った初の日本人アーティスト作品となる。

Phewの80年代初期のニューウェイブ指向の作品には、日本のみならず海外のコアな音楽フリークやレーベルから多くの関心が寄せられており、コラボレートしてきた著名なアーティストたちの数々も印象的だが、〈Disciples〉は『Light Sleep』『Voice Hardcore』といった近年の作品は、彼女の素晴らしいキャリアの中でもモダン・クラシックと呼ぶべき傑作であり、Phewが今、再び最盛期を迎えていることを確信し、本作のリリースへとつながった。〈Disciples〉が今回のリリースにおいて探求したいと思ったのは、まさに彼女の今なのだ。『Vertigo KO』は、前述の2枚のアルバムと同じ時期に録音された楽曲と、今回のリリース用に制作依頼された新曲を収録。アルバムには20ページのブックレットが付属しており、Phewについての文章と、表紙にもなっている塩田正幸の写真が収められている。

アルバムの発表に合わせて、アートワクーク同様、寂れたショッピングモールを舞台にしたLisa Aoki監督、Phew主演のアルバム・トレイラー映像「Phew」が公開された。ファースト・トラック「The Very Ears Of Morning」も同時に解禁。




 

ディスクユニオン限定
「Vertigo KO 」のTシャツ付きセットを販売!
数に限りがございますので、ご注文はお早目に


FRONT                      BACK

[サイズ表]

※こちらのサイズ表記は全て実際の採寸値になりますので、多少の誤差はご容赦下さいませ。
※TシャツBODY:United Athle
※カラー:ホワイト(白)

【CD + Tシャツ付きセット】

【LP + Tシャツ付きセット】

  • 前の記事へ

    8/26発売!MIGMA SHELTER×カネコアツシ×エクストロメ!!×DUコラボ「”ALICE”CD+Tシャツセット」発売決定!

    日本のロック

    2020.07.23

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    7/27発売★特典付★あの吉田豪が“今もっとも気になる存在”と一押しするシンガーソングライター・アイドル 小日向由衣の新作アルバム!

    日本のロック

    2020.07.16

  • 一覧へ戻る