Y QUE !? (SO WHAT?)

EL COMITE エル・コミテ

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

2,420円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 再入荷
  • 試聴可能
レーベル
Philippe MONSAN
国(Country)
FRA
フォーマット
CD
規格番号
SDRM50720181
通販番号
1007871589
発売日
2019年03月23日
EAN
3760231768007
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

これは強烈すぎる! 度重なる来日でおなじみとなったキューバ新世代ジャズを代表するピアニスト、アロルド・ロペス・ヌッサを筆頭にしたグループ、エル・コミテのデビュー作がフランスでリリース!

そのアロルドに加え、ブエナ・ビスタでもおなじみのロランド・ルナ(ピアノ/キーボード)参加と、超豪華なダブル鍵盤という編成でまず驚くが、それ以外のメンバーも考えうる最高のメンバーばかり。チューチョ・バルデスを支えるロドニー・バレット(ドラムス)とジャロルディ・アブレイユ(パーカッション)、アロルド・トリオの一員で未来を嘱望されるガストン・ホヤ(ベース)、インテラクティーボの一員としても知られるカルロス・サルディ(トランペット)、マラカの「オトラ・ヴィジョン」やチューチョ・カルテットにも参加し2000年代からはパリ・ベースで活躍するアーヴィン・アカオ(テナーサックス)という超ド級の面々が集合。タイトルにも掲げられたマイルスの「So What?」を筆頭に、キューバン・ジャズの伝説的ピアニストであるガブリエル・エルナンデスが同じピアニストのエミリアーノ・サルバドールに捧げた名曲「Son a Emiliano」カバー、そのエミリアーノの名作群を彷彿とさせるメロウなエレピと生ピアノの絡み合いも極上な「Carlito's Swing」、そして極めつけはアブストラクトなテーマ部から各人がしのぎを削る超絶すぎる「Transiciones」まで...。もうこれは優勝間違いなしです!

Harold Lopez-Nussa – piano y teclados
Rolando Luna – piano y teclados;
Rodney Barreto – bateria
Yaroldy Abreu – percusion
Gaston Joya – bajo y contrabajo
Carlos Sarduy - trompeta
Irving Acao – saxofon tenor



ソングリスト

  • 1. Gran Via
  • 2. E Cha
  • 3. La Gitana
  • 4. Transiciones
  • 5. Carlito's Swing
  • 6. Alamar 23
  • 7. Nada Mas
  • 8. Son a Emiliano
  • 9. So What