• CD
  • 売切
  • (注文不可)

1,466円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
  • 試聴可能
レーベル
LUZ VERDE
国(Country)
ARG
フォーマット
CD
規格番号
通販番号
LT3952
発売日
2011年09月01日
EAN
2110106000113
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

ロー・ボルジェスのような浮遊感と、フアン・キンテーロとスピネッタを足したようなメロディ・ライン。アルゼンチンから現れた傑出の才能が放つ、待望のデビュー作。MPBファンの脳裏にも焼きつく音像で静かに盛る、南米SSW本年最良の注目株。

 ルカス・エレディア。幼少よりエレキ・ギターを始め、出身であるコルドバでギターと歌唱の先生を務めながら自らの音楽を追及する才人である。Ma’PerQuéというバンドのヴォーカル/ギターを務めていたが2008年11月よりソロへ転向。メキメキと頭角を現し、リサンドロ・アリスティムーニョ、アカ・セカ・トリオ、ウーゴ・ファトルーソ、カルロス・アギーレといった偉大なる先人たちと共演。その非凡な才能はシーンにおいても際立つものとなっていった。そんなルカス待望のソロ・アルバムが本作である。

Adentro hay un jardín en estudio


透明感あふれるアコースティック・ギターとエレピが違和感なく絡み合い、ルカスのセンシティブなヴォーカルがすっと染み込むように挿入されるM1でその圧倒的な才能を思い知るであろう。そこから感じられる要素はクラシックであり、フォルクローレであり、ブエノス・アイレス・インデペンデンテ・ポップでもある。現代の語り部であると同時に、スピネッタやリサンドロ・アリスティムーニョらアルゼンチンSSWの系譜を受け継いでいる存在は、フォルクローレ・シーン広しといえども貴重である。本当に素晴らしい。表題曲となったM2では緻密に編まれたジャジーポップを披露。確かな技術に裏打ちされた機敏なグルーヴと、アコースティックな響きを重視したピアノやギターの音色、そして中盤以降の叙情的な展開の妙はブラジルのシコ・ピニェイロを彷彿させる。ゴージャスなアレンジを施したM5でのポップ・スター然とした表情も堂に入っている。

才能豊かなSSWひしめくアルゼンチンにおいても特異かつ傑出した存在と言えるだろう。ルカス・エレディア、本年最大の注目株の登場を心から祝福したい。

MYSPACE

ARTISTS WEB SITE



“Adentro hay un jardín” es un abrazo, una mirada, un árbol en el asfalto. Una luz que aparece al final del pasillo aún ante el peor de los desengaños. Una pausa amable, una caricia para el espíritu y el odio. Una invitación a redescubrir la belleza en la sencillez, en lo cotidiano.

“Adentro hay un jardín” nos invita a imaginar. Nos incita volar con la melodiosa voz de Lucas Heredia y la música encarnada en un grupo de artistas de envidiable talento. Es un llamado a redescubrir nuestro folklore, potenciado con del jazz, el rock, el pop y los timbres urbanos.

“Adentro hay un jardín” nos propone la poesía como una manera de revelar la magia de lo cercano. De modo sencillo y directo, la prosa de Heredia parte de lo personal, para desde allí describir un inmenso arco iris de sueños y sensaciones comunes, en el que podemos sentirnos representados. Pero por sobre todas las cosas, “Adentro hay una jardín” es una selección de catorce hermosas canciones, que hablan de todos nosotros.

“Adentro hay un jardín” es la voz, la poesía y la guitarra de Lucas Heredia, los teclados de Gastón Testa, las cuerdas graves de Santiago Beltramo, las ritmos de Exequiel García, los sonidos de Pablo Granja y la pasión de mucha gente que sentimos, que vale la pena hacerlo. Porque sí. Para que exista. Porque es mejor que ocurra a que nunca haya pasado

ソングリスト

  • 1.MIRANDO A MIRANDA
  • 2.ADENTRO HAY UN JARDIN
  • 3.OJOS CON BARNIZ
  • 4.ESTO QUE QUEDA
  • 5.EL RECORRIDO
  • 6.MUDANZA
  • 7.EMPUJANNDO HACIA EL SOL
  • 8.SU VOZ
  • 9.LA VERDAD AL FINAL
  • 10.DISQUES DE AIRE
  • 11.BARRILETE (INSTRUMENTAL)
  • 12.EQUILIBRIO
  • 13.UN SUENO INMENSO
  • 14.ONIRONAUTA (bonus track)