7/4 (水) から最新のブラジル新譜を販売開始! 待望のシルヴァ新譜ほか大物、インスト、ジャズなど注目作多数!

  • LATIN / BRAZIL
  • 新着ニュース
  • 2018.07.03

    2018.07.03

    **** 7/4 (水) から最新のブラジル新譜を販売開始! ****

    新宿ラテンブラジル館やお茶の水JazzTOKYOなどディスクユニオンのブラジル新譜取扱店舗にて販売いたします。
    * 実際の在庫は各店にお問い合わせください。
    ** 店舗一覧はこちらから。 http://diskunion.net/st/shop/

    *ブラジルでリリースされたばかりの新作を聴きながら楽しくお酒を飲む「ブラジル新譜試聴会」 @BarBlenblenblen もチェックお願いします! http://diskunion.net/latin/ct/news/article/2/60337



    先週に続いてブラジルから新譜が到着。※先週の到着便はこちら

    まずはなんといってもブラジルを代表するSSWへと成長したシルヴァの新譜でしょう! ムーンチャイルド、ライといったいま話題のネオ・ソウル系アーティストにも共通する軽快で心地よいグルーヴと、ブラジルらしいトロピカルなカラーに、よりシンガー然としたカエターノ・ヴェローゾ的シルキーな歌声がミックスされた極上の世界。ブラジル音楽ファンだけに聴かれるのはあまりにもったいない、2018年を代表する作品です。はやくも今年のNO.1 はこれに決まりか?

    話題となったトリバリスタスの復活作で健在っぷりをアピールしたアルナルド・アントゥネスの2018年新作も登場! 今回は同じく前作で大きな話題を振りまいたクルミンが全面的に音作りでも参加。アルナルドのしびれる低音ヴォーカルに遊び心のあるプログラミングの組み合わせが絶妙で、多種多様な音楽/批評性を盛り込んだ色香漂うポップロックが完成しました。うーん一味も二味も違いますね!

    ブラジルを代表するSSW、レニーニの新作はライブ盤。やはり彼はライブが真骨頂! 青い閃光のようなエレキギターの音色とシャープなバンドサウンドに野性味のあるレニーニの歌声が響きます。年々凄みを増している感すらありますね。

    1960年代より活躍する黒人系女性シンガー、ゼゼ・モッタの新作も素晴らしい! サンバをテーマにした作品で、ゼゼの持ち味である力強く明朗な歌い声と弾けるようなサンバのリズムが見事にフィット。ゲストにシャンヂー・ヂ・ピラーレス、アルリンド・クルスらを迎え、ときにロマンチックにときにアッパーに綴る王道ど真ん中のサンバを披露します。

    そして今回はジャズ、インスト系も充実!

    リリース前から話題になっていた今リオでもっとも注目されているギタリスト、ペドロ・フランコの待望のデビュー作がなんといっても注目! 師匠であるベテランギタリスト、マルコ・ペレイラ他、弦楽器四重奏のカルテート・グアナバラなどを迎え、正確無比かつスピード感溢れるギター・ワークを濃密なアンサンブルとともに聴かせる全11曲。ヤマンドゥ的な凄さもありつつも、新世代らしいよりクールで硬質な世界観がいまの空気にもしっくり来ますね。

    サンパウロ出身のピアニストでエルメート・バンドの一員としても知られるアンドレ・マルケスに学んだという、グスタヴォ・ボンボナートの歌モノ・アルバム 『UM RESPIRO』、ピアノ・ソロ・アルバム 『DE TEMPOS EM TEMPOS』 も到着! とりわけ歌モノ・アルバムのほうはタチアナ・パーハ、フィロー・マシャードらを迎えたジャジーMPBの良作。ブラジル音楽ファンならたまらない作品に仕上がっています。

    ミナス新世代のギタリストであり作編曲家であるサミー・エヒッキのリーダー作も到着。ギター、ドラム、ベースに管楽アンサンブルが絡むスタイルで、ミナス新世代らしい洗練されたハーモニーを筆頭にしめやかなバラッド、ストレートなアレンジのサンバ・ジャズまでを聴かせる全10曲。ときに軽快なソロを披露しつつ、的確なヴォイシングで全体を指揮するサミー自身のアコースティック / エレキを織り交ぜたギター・ワークも実に素晴らしいです。アレシャンドロ・アンドレスも参加!

    若手ピアニストのサロマォン・ソアレスと、ブラジルを代表するアコーディオン奏者のトニーニョ・フェハグチによるデュオ作も到着。若々しく透明感のあるサロマォンの繊細なピアノと、思わず耳を惹きつけられるトニーニョ・フェハグチの暖かくも安定感のあるアコーディオンが自在に絡む、多彩にして至高の全11曲。ヤマンドゥ・コスタ & ドミンギーニョス、 アンドレ・メマーリ & アミルトン・ヂ・オランダといった名デュオが残してきた作品にも比肩するブラジリアン・インストルメンタル史に残る一枚といっても過言ではないと思います!是非一度お試しあれ!

    バンドリン=ショーロという先入観を破る、ベッチ・カゼミロによるモダンなオリジナル曲中心のインスト集や、ベテラン・ギタリストのウリセス・ホーシャがキンテート編成で録音した渋み溢れる作品、最近ではECM作品でも客演しているブラジルが誇る鍵盤マエストロ、ネルソン・アイレスのビッグバンド作品など、どれもブラジル器楽音楽のレベルの高さを知らしめるような作品ばかり。今回はジャズ~インストものが本当に充実していますね。

    各商品ページで試聴リンクなどを用意しておりますので、気になるアイテムは是非一度チェックを!
     

    • 前の記事へ

      7/12 (木) から最新のアルゼンチン新譜を販売開始! ロドルフォ・メデーロス名盤復刻からアルゼンチン・インディーの注目作まで。

      LATIN / BRAZIL

      2018.07.12

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      発売! ブラジル音楽復刻レーベル「DISCOBERTAS」がブラジル名盤を続々リイシュー第7弾! 女性vo名盤初復刻をはじめフォーキーサイケ名盤まで今回は9タイトル!

      LATIN / BRAZIL

      2018.07.03

    • 一覧へ戻る