"DOUBLE TROUBLE EP ""7"""

DJ KENSEI

  • レコード
  • 売切
  • (注文不可)

1,620円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
  • 試聴可能
レーベル
WEST END / OCTAVE-LAB
国(Country)
JPN
フォーマット
7"(レコード)
規格番号
OTS103
通販番号
1006881789
発売日
2015年11月28日
EAN
4526180366300

商品詳細情報

DJ KENSEIが、US NYのDISCOレ-ベル名門、ご存知『WEST END RECORDS』から、ナント"7インチ"でリリースされた音源 & EDITのみを使ったDJミックス作品と、WEST ENDオフィシャル7Inchを同時発表。

クラシックスとして知られる「Sessomatto」と「Donʼt Stop The Music」をDJケンセイならではの視点でエディット。多数の音楽を客観的に視座し、Indopecycics、c&c band等々でリズムとテクニック、響き、鳴りを流動的に探求してきたケンセイならではのセンスで、最も美味しいパーツが凝縮されたドープすぎるエディットになっている。



DJ KENSEIプロフィール
東京在住のDJ、プロデューサー、レコーディング・アーティスト。80年代よりDJとしてのキャリアを開始。
東京のクラブでレジデントDJを経験し、90年代以降は日本を代表するHip Hop DJとしてLiquidroomやYellow、Harlemといった伝統的なクラブから、アンダーグラウンドなパーティーまで 数多く出演。J-WaveやTokyo FMなどのラジオ番組にもゲスト出演し、確かなDJスキルとストイックな音への追求によって、DJ Kenseiの刻むビートは日本で最も信頼されるようになっていった。これまでに、Tuff City、Enjoy、Fresh、B-boy、Grand groove、Wild Pitch、Loud、Fondle'emといったHip Hop LabelのOfficial Mix Tape/CDを手がけ、日本のMary Joy Recordingsから、Polyrhythm AddictsやJigmastasの楽曲を含むUnderground Hip HopのMix Tape "Cuts Of The Times" Seriesを発表。1999年発表の"The Beyond Real Experience" (Mary Joy / Beyond Real)のクラブプレイ / エアプレイも数多く手がけている。1995年よりDJ Krushらと共にDJ Live Unit : Kemuri Productionsを結成し、DJ Krushのアルバム"MiLight -未来-"(1996 Sony/Mo Wax)や"Kakusei -覚醒-" (1998 Sony/Columbia)にプロデューサーとして参加。また自身のプロデュースチーム: Indopepsychicsとして数 多くのプロデュース/リミックスを手がけ、1999年にはMo' WaxよりUNKLE "The Knock Remix"やDivine Styler "Directrix Remix"を発表、自身が設立したPROGRESSIVE FOrM(現在は別のオーナー)より"MECKISH"と"LEIWAND"という2枚のアルバムを発表。またプロデューサーとしてKing Giddra、K-Dub Shine、Rappagariya、Taboo1、Shing02などといったJapanese Hip Hopアーティストと共作し、またBudda Brandらが参加した伝説的Mix Tape "Ill Vibes"も残している。また99年にAFRIKABAMBAATAのJAPAN TOURにも参加。日本最大のロックフェスティバルFuji Rock Festivalや、バルセロナのSonar Festivalなどにも出演し国内外で活動する。近年はDJとしての活動に加えてTurntable Musicianとして、Jazz Bassist: Isao Suzukiとのライブユニット: Isao Suzuki & DJ Kensei(OMA Nʼ SEI)や、DJ SagaraxxとのDJ Live Unit: Coffee & Cigarettes Bandとしても活動し作品を発表している。2016年にはDJ活動30周年のイベントも控えている。

ソングリスト

  • SessoMatto/Sessomatto (DJ KENSEI EDIT)
  • Bombers/Don't StopTheMusic (DJ KENSEI EDIT)