SOUL JAZZの人気シリーズ新作はスタジオワンに残されたラスタファリアンの影響を受けたルーツ・ミュージック集!

  • REGGAE
  • ニュース

2021.07.05

  • LINE

  • メール
ラスタファリアンの影響を受けたルーツ・ミュージックは、1970年代初頭からスタジオ・ワンの作品の中で常に重要な位置を占めていた。英国の名門SOULJAZZがこの時代にジャマイカの重要なサウンドを確立した画期的なグループやアーティストの貴重音源をコンパイル!HORACE ANDY、DEVON RUSSELLなどの代表的なアーティストに加え、THE PROSPECTORS、VICEROYS、PABLOVE BLACKなど、スタジオワンで制作されたあまり知られていないレア・カットも網羅。

スタジオワンと創設者のCLEMENT DODDのラスタファリアニズムとの関わりは、1960年代初頭にまでさかのぼり、DODDはSKATALITESのメンバーに同行してキングストンの丘に行き、ラスタファリアニズムのCOUNT OSSIEの音楽を聴いていた。アルバムのスリーヴノートには、CLEMENT DODDの音楽的なつながりや、レゲエ界で最も重要なレコード・レーベルを率いる役割が、ラスタファリアニズムの信念と多くの点でリンクしていることが語られており必読!歌詞や背景を知るとより楽しめる大推薦の内容です。





最新ニュース