• レコード
  • 新品在庫取寄せ
  • (5日~3週間後に発送)

5,060円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
UNIVERSAL
国(Country)
IMPORT
フォーマット
LP(レコード)
組数
2
規格番号
B0030707-01
通販番号
RY190802RR02
発売日
2019年09月24日
EAN
0602577972836
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

2019年新作が180グラム重量盤2LPアナログ・リリース!

ご存知THE BANDのギタリストROBBIE ROBERTSON。2011年の『HOW TO BE CLAIRVOYANT』以来8年ぶりとなる通算6枚目のソロ・アルバムが到着です。

彼がスコアを提供した マーティン・スコセッシ監督による今秋公開予定の大作ギャング映画「THE IRISHMAN」や、こちらも近日公開が予定されているという 2016年の自叙伝「TESTIMONY」に基づいたドキュメンタリー・フィルム「ONCE WERE BROTHERS:ROBBIE ROBERTSON AND THE BAND」からインスピレーションを得て制作された作品で、その象徴的なタイトル(=罪+映画的)は 彼のライフワークとして数十年間に亘り続けられてきた映画のためのソングライティングや、彼のドラマティックな人生そのものを指し示したものとのこと。

殺し屋THE IRISHMANから着想を得たオープニング"I HEAR YOU PAINT HOUSES"(ギャングの世界では殺し屋を雇うことを「家を塗る=家ごと血の海で真っ赤にする」と表現する)では歌詞とは裏腹の明るいトーンでVAN MORRISONとの麗しいデュエットを披露し、

「かつては兄弟だった」とTHE BANDへのほろ苦い思いを綴る同名ドキュメンタリーのための書き下ろしトラック"ONCE WERE BROTHERS"や、カナダ先住民族ファーストネーションとユダヤ系ギャングの家系に生まれ様々な障害や未来への期待を感じることなく育ったという子供時代を回顧した"DEAD END KID"、

JOHN LENNONの平和への叫びにインスパイアされたというロック・チューン"LET LOVE REIGN"、20世紀初頭の上海を舞台にアヘン売買や賭博、売春などを牛耳っていた伝説的ギャング杜月笙(とげつしょう)の武勇伝が語られる"SHANGHAI BLUES"、ROBERTSON自身が「シン(SIN=罪)フォニー」と呼ぶ"STREET SERENADE"、オーソン・ウェルズのラジオ犯罪ドラマへのノスタルジックなオマージュとなったエレクトロ風味の"THE SHADOW"、

ギタリスト面目躍如のインストルメンタル"WANDERING SOULS"、友人でありマイクロソフト社の共同創業者で大の音楽ファンだった故PAUL ALLENのために書いた哀愁に満ちた哀悼歌"REMEMBRANCE"などなど、彼の人生とは遠いフィクションも交えながら自身のストーリーも重ね合わせていく全13曲。

GLEN HANSARD、CITIZEN COPE、J.S. ONDARA、JIM KELTNER、DEREK TRUCKS、DOYLE BRAMHALL II、DJ HOWIE Bらがゲスト参加。

20ぺージ・ブック付属。

ソングリスト

Disc 01

  • A1. I Hear You Paint Houses
  • A2. Once We Were Brothers
  • A3. Dead End Kid
  • B1. Hardwired
  • B2. Walk In Beauty Way
  • B3. Let Love Reign

Disc 02

  • C1. Shanghai Blues
  • C2. Wandering Souls
  • C3. Street Serenade
  • C4. The Shadow
  • D1. Beautiful Madness
  • D2. Praying For Rain
  • D3. Remembrance