ルー・リードの最後のソロ・アルバムとなった2007年作がLIGHT IN THE ATTICよりリイシュー! CDはもちろん今回初レコード・リシューとなるブラック2LP、カラー2LPにてリリース!

  • OLD ROCK
  • 予約ニュース

2023.12.04

  • LINE

  • メール

ルー・リードの最後のソロ・アルバムとなった2007年作がLIGHT IN THE ATTICよりリイシュー! CDはもちろん今回初のレコード・リシューとなるブラック2LP、カラー2LPにてリリース!


ルーのドローンミュージック創作への情熱と、太極拳、ヨガ、瞑想への情熱が融合した、深く個人的なプロジェクトである本作。ドローン・ミュージックとフィードバック・ハーモニックスを40年以上探求してきたルーの作品群の中でこのアンビエント・サウンドスケープは『メタル・マシン・ミュージック』と対をなすものと評されてきた作品。


本作はグラミー賞にノミネートされたエンジニア、ジョン・ボールドウィンによってリマスタリングされ、RTIにてプレス。同じくグラミー賞受賞アーティストの小池正樹がデザインしたゲートフォールド・ジャケットに収められ、リードの練習を長年にわたって指導してきた著名なヨガ・インストラクターで作家のエディ・スターンによる新しいライナーノーツを掲載。また、作家/ジャーナリストのジョナサン・コットとリードの妻でアーティストのローリー・アンダーソンとの魅力的な対談も収録されており、アルバムについて、またアルバムの主なインスピレーションのひとつである夫の太極拳への傾倒についても語られています。


「瞑想、太極拳、ボディーワークの補助として、また生活のバックグラウンドで流す音楽として、日常の不協和音を予測不可能な新しい秩序ある音に置き換えるために。先入観から解き放たれた新しい音。そしてこの音楽を聴いた友人たちが、コピーを作ってくれないかと頼んできた。その後、私は同じ意図でさらに2つの作品を書いた。身体、心、精神をリラックスさせ、瞑想を促進するために。」 - ルー・リード

 

最新ニュース