文化系のためのヒップホップ入門3

長谷川町蔵x大和田俊之

  • BOOK
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

1,980円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
アルテス・パブリッシング
国(Country)
JPN
フォーマット
BOOK
規格番号
4865592146
通販番号
1008036336
発売日
2019年12月23日
EAN
9784865592146
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

トランプ政権という踏み絵が誕生し、 ケンドリック・ラマーが脚光を浴び、 トラップ・ビートがニューヨークすら支配し、 カニエ・ウェストは炎上し続けた─ そんな4年間(2015~2018)のヒップホップ・シーンを 文化系名コンビが検証する!アルテス最大のベストセラー=人気シリーズ第3弾!

「ヒップホップは音楽ではない」という独自の視点を打ち出したシリーズ第1弾『文化系のためのヒップホップ入門』(2011)は、アメリカのヒップホップの歴史と聴き方を指南した画期的な入門書として、ロングセラーを続けています。 2012年から14年までをとりあげた『文化系2』(2018)に続く本書では、 2015年から18年までのシーンを振り返るとともに(CDガイド付き)、アフリカン=アメリカン研究の専門家で慶應大学准教授の有光道生さんを招いて、オバマ政権下のアメリカ社会とヒップホップを論じた鼎談も収録しています。 本書で話題にした楽曲のプレイリストも近日中にSpotifyに公開予定!

長谷川「ケンドリックはラッパーとして超一流なんですけど、 A&Rとしても優れているのではないかと思いましたね。 『DAMN.』で路線を少し変えたのは 本当にクレバーだったと思います。」

大和田「トラップにはオバマ政権、とりわけ後半の ブラック・ライヴズ・マターの閉塞感が サウンドに表れてますよね。」

第 1部 押し寄せる世代交代の波 2015年
第 2部 大統領選とラッパーたち 2016年
第 3部 ブラックネスのゆくえ
オバマ政権下のアメリカ社会とヒップホップ
ゲスト:有光道生(慶應大学准教授)
第 4部 トラップ時代の到来 2017年
第 5部 アメリカで一番聴かれる音楽に 2018年