R.I.P. Pharoah Sanders

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2022.09.26

  • LINE

  • メール

R.I.P.
Pharoah Sanders
(1940 - 2021)



アーカンソー州リトルロックで音楽一家のもとファレル・サンダースとして生まれる。

1961年にNYへ移住、”ファラオ”の名付け親とされるサン・ラーやドン・チェリーなど

著名な前衛派ミュージシャンと共演し、1964年には初リーダー作品を録音。


翌年ジョン・コルトレーンのグループに加入し

彼が亡くなる1967年までレギュラー・メンバーとして活動したコルトレーンの後継者。


アルバート・アイラーは三位一体に例え

「コルトレーンは父(神)、ファラオは子(イエス・キリスト)、私は聖霊だ。

(Trane was the Father, Pharoah was the Son, I was the Holy Ghost)」と語った。


その後もスピリチュアル~フリーからスタンダードまで多くの名演を残し

昨年エレクトロニック・シーンで活躍するUKの天才プロデューサー、フローティング・ポインツとのコラボ作品

『プロミセス (Promises)』を発表し、最後まで世界を驚かせた伝説的サックス奏者。


謹んでご冥福をお祈り申し上げます。