高柳昌行、1983年のライヴ盤「Mass Hysterism in Another Situation」が初アナログ化

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2023.11.07

  • LINE

  • メール
MASAYUKI TAKAYANAGI / 高柳昌行 / Mass Hysterism in Another Situation(2LP/45RPM)

Mass Hysterism in Another Situation(2LP/45RPM)

MASAYUKI TAKAYANAGI 高柳昌行

1983年8月14日『アナザー・シチュエーション』シリーズ第20回公演のライヴ盤が初アナログ化!

BLACK EDITIONS / IMPORT / LP(レコード) / BE-020/JOJO3 / 1008713885 / 2023年11月07日

  • JAZZ
  • レコード
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

7,260円(税込)

  • レコード
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

※2LP / 45RPM

1983年8月14日『アナザー・シチュエーション』シリーズ第20回公演のライヴ盤が初アナログ化!


---以下、2006年JINYA DISC盤(B9)より

1982年頃からスタートする高柳昌行、飯島晃(g)、山崎弘(ds)による最後のニュー・デレクションは、1985年12月渋谷ジァンジァンでのレギュラー企画の最終公演までに十数回に及ぶライヴ演奏を行いました。後に、高柳昌行が晩年まで行ったアクションダイレクト(自身の考案によるノイズ・システムを介すことでインプロヴィゼーションを音響/空間の領域まで突き詰めた)の出現を予言したユニットといえます。

本作は、そのニュー・デレクション・ユニットのライヴを収録した貴重な音源で、明大前キッド・アイラック・ホールの自主企画アナザー・シチュエーション・シリーズ第20回(1983年8月14日)公演を収録。鳴り止まぬドラムの連打とフィードバック・ノイズ…、マス・プロジェクション(集団投射)による壁のような音魂が延々と続く阿鼻叫喚の演奏である。複数のエフェクターを介したフィードバックを放出する高柳昌行、そして同様にフィードバックの発信に終始する飯野晃のギターが、増殖と分離を繰り返し軋んだトーンを発する。

なお、同日公演のパート1では、グラジュアリー・プロジェクション(漸次投射)による、空間に点在すような不穏なインプロヴィゼーションをおこなっており、高柳昌行がかつてから使っていた 「 プロジェクション(投射)」のアイデアを、同じ音響装置で実践すると言う試みも行っている。


■Masayuki Takayanagi (electric guitar)
Akira Iijima (electric guitar)
Hiroshi Yamazaki (drum, percussion)


Recorded at Kid Ailak Hall, August 14, 1983
Meidaimae, Tokyo