<予約>幻の現代ジャズ・ヴォーカル・シーンのスーパー・グループ「ティレリー」の唯一作がアナログ盤でリリース決定

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.06.18

    • LINE

    • メール

    活動休止中の幻のグループ「ティレリー」の唯一作が
    日本のみでアナログ限定発売決定!

    TILLERY / ティレリー / TILLERY / ティレリー

    ■既に活動は中断しており、現時点では幻のグループとなっている現代ジャズ・ヴォーカル・シーンのスーパー・グループ「ティレリー」。彼女たちが2016年に1枚だけ残した名作が、日本のみアナログ限定発売。

    ■ティレリーは、2010年からベッカ・スティーヴンス、レベッカ・マーティン、グレッチェン・パーラトの3人で活動をスタート。各ソロ活動が多忙になる中も、定期的に行っていたNYでのライヴが年々話題を呼び2015年にようやくレコーディングをスタートさせ完成したアルバム。NYの空気をたっぷり詰め込みながら、ジャズ/フォーク/R&B他様々なジャンルが3人の美しいハーモニーとアレンジによって生まれ変わっており、もはや“現代のクラシックス”とでも呼べそうな内容。

    ■カヴァー曲はプリンス『パープル・レイン』からA1、ジョシュ・ティルマンによるソロ・プロジェクト、ファーザー・ジョン・ミスティのA2、グレッチェンがチャリティー・アルバム『ARTS FOR LIFE ? MY LIFE IS BOLD』で歌っていたA6、そしてジャクソンズ『ディスティニー』からのB4でのベッカとグレッチェンは、マイケル・ジャクソンのファルセット名唱を彷彿させる美しさ。さらにB1にはラリー・グレナディア(b)とマーク・ジュリアナ(ds)も参加。

    ※日本盤CD「ティレリー」(RPOZ-10026)に収録されている、日本盤ボーナス曲「コルコヴァード」は未収録です。

    ティレリー
    ベッカ・スティーヴンス (ヴォーカル、ギター、ウクレレ、チャランゴ、ハンド・パーカッション)
    レベッカ・マーティン(ヴォーカル、ギター、ハンド・パーカッション)
    グレッチェン・パーラト(ヴォーカル、ハンド・パーカッション、チャランゴ)
    ラリー・グレナディア(ベース) B1、マーク・ジュリアナ(ドラムス) B1、ピート・レンド(キーボード) A5

    • 前の記事へ

      RESONANCE RECORDSリリース、ウェス・モンゴメリーの未発表音源アナログ盤をWEB限定特別価格で発売

      JAZZ

      2019.06.18

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      ポーランド新世代ジャズの奥深さを感じるセプテット:EABSの2019年作がリリース

      JAZZ

      2019.06.18

    • 一覧へ戻る