センプリ

MARCOS VALLE マルコス・ヴァーリ

今旬すぎるアーバン&ブリージンなマルコス新作! 解説は中原仁さんです!

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,310円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 再入荷
  • 試聴可能
レーベル
Unimusic
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
UNCD023
通販番号
1007911095
発売日
2019年07月17日
EAN
4988044888227
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

★帯・ライナー付き国内仕様盤 日本語解説 : 中原 仁

ブラジルが生んだポップ・ミュージック・マスター、マルコス・ヴァーリの約9年ぶりとなる新作がリリース決定! マルコスのディスコ/ブギー時代を現代にアップデートしたかのような、今旬すぎるアーバン&ブリージン・サウンドをたっぷりと収録した激良の一枚!


ボサノヴァからキャリアをスタートし『ガーハ(1971)』や『プレヴィザォン・ド・テンポ(1973)』といった作品でソフトロックやレアグルーヴ方面でも高い評価を獲得。さらには『ヴェント・スル(1972)』でサイケ方面を視野に入れつつ『ヴォンタージ・ヂ・レヴェール・ヴォセ(1981)』『マルコス・ヴァーリ(1983)』ではディスコ~AORサウンドを披露するなど、時代に沿ってスタイルを変化させつつも、そのどれもが名盤といわれるポップ職人、マルコス・ヴァーリ。単独名義としては約9年ぶりとなるスタジオ録音作『SEMPRE』も、我々の期待を上回る、マルコス・ワールド全快の傑作となった。

アレックス・マリェイロス(アジムス)、アルマンド・マルサル(EX.パット・メセニー・バンド)といった名手を従えつつ、マルコスらしいキャッチーなメロディを、リオの潮騒を感じさせるアーバン&ブリージン・サウンドで披露。80'S後期~90'S初期のサウンドがリヴァイバルする今の空気にぴったりと寄り添いつつも、マルコスらしいカラーがしっかりと反映されたその内容は、マルコスのキャリアにおける最高傑作のひとつと言っても過言ではないだろう。 リオのビーチで飲むカクテルよりもフレッシュでフルーティー? 今年の夏はマルコスで決まり!

ソングリスト

  • 1. Olha Quem Ta Chegando
  • 2. Minha Roma
  • 3. Odisseia
  • 4. Alma
  • 5. E Voce
  • 6. Vou Amanha Saber
  • 7. Distancia
  • 8. Aviso Aos Navegantes
  • 9. Sempre
  • 10. Alma (Instrumental)
  • 11. Minha Roma (Instrumental)