松武秀樹とシンセサイザー「限定愛蔵版」

HIDEKI MATSUTAKE / 松武秀樹

MOOG III-Cとともに歩んだ音楽人生

  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

3,800円(本体価格/税別)

※ 5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ISBN
9784907583552
発売年月
2015年11月
版型
B6
ページ数
224ページ
製本
並製
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

限定愛蔵版:3,000部限定
81年刊『たった1人のフルバンド』(絶版)が特典として付く2in1スリーブ仕様




夕刊フジ(2015.12.15)にて紹介されました!
レコード・コレクターズ」(2016年1月号)にて書評が掲載されました!評者は田山三樹さんです。
OTOTOYにて紹介されました!
warp MAGAZINE JAPAN」(2016年1-2月号)BOOK&MOVIEにて紹介されました!
Player」(2015年12月号)にて紹介されました!

CINRAにて紹介されました!
amassにて紹介されました!

<主な内容>
☆松武秀樹が約35年ぶりに書き下ろす、
自らのヒストリーとシンセサイザーの未来
☆スペシャル対談
冨田勲×松武秀樹
砂原良徳×松武秀樹
☆シンセ設計者に会いに行く
ヤマハ/ローランド/コルグ
☆ディスコグラフィーで振り返る松武秀樹ワークス
(『電子音楽in Japan』著者・田中雄二氏が原稿を執筆)
☆特別対談・お酒作りと音作りは同じなのか?
柳達司(清酒製造/菊姫合資会社代表)×松武秀樹


松武秀樹が本を書きました。

YMOのこと、テクノブームのこと、
大瀧詠一のこと、大村雅朗のこと、
シンセサイザーのこと、
そしてPSE問題のことまで、
すべて書いてあります!


デザイン:高橋力(m.b.llc)