Machine Gun - Alternate Takes(LP)

PETER BROTZMANN ペーター・ブロッツマン

  • レコード
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

3,850円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
CIEN FUEGOS
国(Country)
IMPORT
フォーマット
LP(レコード)
規格番号
CF021
通販番号
1007608224
発売日
2018年06月20日
EAN
9120036682702
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

※LP
Peter Brötzmann史上、いや、フリージャズ史上最強と言えるオクテット編成での録音作「Machine Gun」のオルタネート・テイク盤が初アナログ化!
本作でも度胆抜かされてください!!

現在も精力的な活動を続けるフリージャズを代表するサックス鉄人Peter Brötzmann。
彼の自主レーベルBRÖから1968年に発表された最強の1枚「Machine Gun」のオルタネート・テイク盤が初アナログ盤化決定!
この音源自体はFMPから1990年にリリースされたCDやAtavisticレーベルからリリースされた「The Complete Machine Gun Sessions」でも聴くことはできますが、アナログ盤化は今回が初となります。
本編「Machine Gun」と同じメンバーで、「あの名盤「Machine Gun」の別テイクをアナログ盤で聴けるとは!!」と考えただけで震えが・・・
サックスにはPeter Brötzmannはもちろん、こちらもフリー・ジャズ界を代表する超重鎮Evan Parkerとオランダのフリー・ジャズ界を牽引し独自の世界観を作りあげたWillem Breukerを配置。
ドラムスには日本でも高い人気を誇る大御所Han Benninkと現在もアーティスティックな活動を続けるスウェーデン出身の才人Sven-Åke Johanssonの2名を起用。
ピアノはヨーロッパ・フリーの重鎮Fred Van Hove、鬼才Don Cherryの作品にも参加するBuschi Niebergallとフリー・ミュージック界最高のベーシストとも言われるPeter Kowaldの2名が参加したまさにフリージャズ史上最強とも言えるオクテット!!
同時発売予定の本編「Machine Gun」と同時聴きで二度、度胆抜かされてください!!

■Acoustic Bass – Buschi Niebergall
Acoustic Bass – Peter Kowald
Baritone Saxophone, Tenor Saxophone – Peter Brötzmann
Drums – Han Bennink
Drums –Sven-Åke Johansson
Piano – Fred Van Hove
Tenor Saxophone – Evan Parker
Tenor Saxophone – Willem Breuker

同時発売予定「Machine Gun」はこちら
PETER BROTZMANN ペーター・ブロッツマン
Machine Gun(LP)

PETER BROTZMANN / ペーター・ブロッツマン / Machine Gun(LP)

ソングリスト

  • A1.Machine Gun(Second Take)
  • B1.Responsible / For Jan Van De Ven(First Take)