オーストラリアの歌姫サラ・マッケンジー。寺島レコードのみの特別仕様国内限定盤で新作がリリース

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.06.06

    • LINE

    • メール
    寺島靖国原点回帰、怒涛のヴォーカル・シリーズ
    次なるリリースはオーストラリアの歌姫サラ・マッケンジー
    寺島レコードのみの特別仕様国内限定盤



    名門Impulse!レーベルからもリリースのあるサラ・マッケンジーの3年ぶりの新作にして、寺島レコード第一弾
    『For Jazz Vocal Fans Only』シリーズで波に乗る寺島レコードのヴォーカル・シリーズ。寺島選曲の原点ともあって、大きな反響を集めるなか、今度は海外アーティストのリリースにも乗り出している。4月24日リリースのスーザン・トボックマン『Love from Detroit』(TYR-1079)に続いて目を付けたのが、かねてより愛聴し『For Jazz Vocal~』の記念すべきVol.1にもピックアップしたサラ・マッケンジー。名門レーベルでの経験を誇るその歌声と佇まいはもちろんのこと、美旋律にうるさい寺島プロデューサーをも唸らせるタイトル曲をはじめとする曲作りの才能は、弾き語りもこなすその歌心と無関係ではあるまい。
    ジャケットは拘りのセミW紙ジャケットに、寺島監修の日本だけのデザインを施した特別限定国内盤。

    演奏:
    Sarah McKenzie (vocals, piano)
    Pierre Boussaguet (bass)
    Dan Wilson (guitar)
    Donald Edwards (drums)
    Troy Roberts (saxophone on 5, 6)
    Jody Redhage-Ferber (cello on 1, 4, 6)
    Rogerio Boccato (percussion on 3, 6)
    Warren Wolf (vibraphone on 1)
    James Mack (percussion on 4)

    アルバム発売記念来日公演決定!!


    透明感あふれる歌声で魅了する
    メルボルン出身の実力派シンガー/ピアニスト

    ノラ・ジョーンズやグレゴリー・ポーターの作品にも関与するブライアン・バッカスをプロデューサーに迎えた『雨のパリで』で、一躍スターの座に。ピアノ弾き語りの逸材、サラ・マッケンジーが2年ぶりのニュー・アルバム『シークレッツ・オブ・マイ・ハート』を携えて再登場を果たす。オーストラリア・メルボルン出身。パースにあるウエスト・オーストラリアン・アカデミー・オブ・パフォーミング・アーツでジャズの学士課程を修了し、アメリカのバークリー音楽大学を経て、現在はパリを拠点に活躍している。スタンダード・ナンバーにおける絶妙な選曲センスと共に、ソングライターとしても注目を集める彼女のスタイリッシュな最新ステージを満喫したい。(Blue Note TOKYO公式サイトより)

    TITLE
    SARAH McKENZIE
    サラ・マッケンジー

    DATE & SHOWTIMES
    2019 6.19 wed., 6.20 thu.

    [1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm

    MEMBER
    Sarah McKenzie(vo,p) / サラ・マッケンジー(ヴォーカル、ピアノ)
    Hugo Lippi(g) / ヒューゴ・リッピ(ギター)
    Pierre Boussaguet(b) / ピエール・ブサゲ(ベース)
    Donald Edwards(ds) / ドナルド・エドワーズ(ドラムス)

    後援:オーストラリア大使館

    チケット詳細・Blue Note TOKYOのページはこちら
    http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/sarah-mckenzie/

    • 前の記事へ

      <予約>昔から現代をビジュアル的に捉える 「ジャズ・パースペクティヴ」VOL.18が発刊 特集ロシアのジャズ

      JAZZ

      2019.06.06

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      マイルス・デイヴィスの歴史的名盤「Birth of the Cool」が初アナログ盤化音源含むLP2枚組で再発売

      JAZZ

      2019.06.06

    • 一覧へ戻る